ライフスタイル

正月太り解消のダイエット!食事で痩せるならどんな食べ物やレシピがおすすめ?

投稿日:

 

Xmasに忘年会、お正月や新年会・・・

年末からお正月にかけて、お酒を飲んだり豪華なお料理を食べる機会が増える時期ですね。

 

いつもと違う華やかなメニューは食欲がそそり、つい食べすぎてしまうものです。

気が付くと体重が増えていた!なんてことも多いのではないでしょうか。

 

いわゆる「正月太り」ですが、どのようなダイエット方法が効果的なのでしょう。

今回は、運動が苦手な人でも取り組める正月太り解消に良い食べ物やレシピなどをご紹介したいと思います!

 



正月太り解消ダイエットは食事でも可能?

 

正月太りの原因はひとつではない

 

正月太りの大きな原因としては、お正月の食べ物にあるといわれています。

 

お雑煮やきな粉、あんこやお醤油で食べる「お餅」は、美味しくてつい色々な味を楽しんで食べたくなるものです。

しかしお餅はカロリーが非常に高い食べ物です。

 

またお寿司を食べたり、お米でつくられている甘酒を飲んだり、お正月には炭水化物を多く摂っていることが分かります。

 

またおせち料理や外食を食べる機会も増え、塩分の摂りすぎでむくみが生じている場合もあります。

こういった食事を短期間でたくさん食べる機会が増えるためお正月は太りやすい環境にあると言えます。

 

規則正しい生活と食事のリズムを取り戻していく

 

お正月といえば、実家に帰省したり家の中でのんびりと過ごす人が多いのではないでしょうか。

1月と言えば一年の中でも特に寒い時期ですので、暖かいコタツでだらだらと食べ物を食べながらテレビを見て過ごすなんてこともありがちですよね。

 

こういったのんびりとした生活で運動量が減って太る原因に繋がっていることも考えられます。

 

お正月が過ぎいつもの生活に戻ったら、規則正しい生活に戻し食事のリズムも取り戻す必要があります。

 

 

食事でもダイエットすることはできる

 

短期間に高カロリーの物を摂取して太ってしまった体を元に戻すことは簡単ではありませんが、意識的に食べ物に気を付けることで徐々に元の体重に戻すことが出来ます。

お正月はカロリー、塩分、糖質が高い食事を摂りやすい環境にあります。

 

そのため日常生活に戻ったら、低カロリーで脂質と糖質を抑えた食事に切り替える必要があります。

 

揚げ物、炭水化物、砂糖をたくさん使った甘い物を控え、良質な脂をとることができる魚やヘルシーなお豆腐、野菜中心の食事を基本に献立を考えましょう。

 

 

運動も取り入れるとダイエットが成功しやすい

 

食事だけでなく日常的に運動を取り入れるとダイエットの効果は感じやすくなります。

運動をすることでカロリー消費することができますし、体を動かすことで血の巡りが良くなり代謝がアップし、くみの解消にもつながります。

 

ウォーキングやヨガやスポーツなど、自分に合った運動を見つけると良いでしょう。

激しいトレーニングやジョギングなど急に無理に運動をするのではなく、自分が毎日続けやすい運動を継続していくことがポイントです。



 

正月太り解消ダイエット!どんな食べ物がおすすめ?

 

お正月太りを解消するダイエットに効果的な食べ物をご紹介します。

 

塩分控えめな食事を心がける

 

お正月には味の濃い食べ物を食べやすい傾向にありますので、味付けを薄めにすることを心がけましょう。

むくみ防止につながります。

 

薄い味付けは物足りなさを感じがちですが、調味料の代わりにかつおだしなどの風味をつける、七味唐辛子でピリッとした辛さを足すなど工夫をする美味しく感じることができます。

塩分の代わりのプラスアルファを工夫してみてください。

 

 

カリウムが含まれている食べ物

塩分を摂りすぎてしまった場合は、摂りすぎた塩分を排出してくれる「カリウム」を含む食べ物を摂り入れましょう。

むくみ解消につながります。

 

カリウムを多く含む野菜とその目安量

  • 里芋    2個
  • ほうれん草 4分の1
  • アボカド  2分の1
  • 切干大根  10g
  • 納豆    1パック
  • バナナ   1本

カリウムは熱や水に流れやすいため、生のまま食べられる食材で摂り入れる方が良いでしょう。

 

 

酵素を多く含む野菜

野菜には酵素が含まれています。

酵素とは、人間が生きていく上で欠かせない栄養素ですが、消化や代謝を助ける役割をしてくれます。

 

特に酵素の多い野菜は

  • 大根
  • きゃべつ
  • トマト
  • きゅうり

などです。

さらに酵素は食材を「すりおろす」ことによって細胞膜が壊れ、中に閉じ込められた酵素があふれ出て活性化すると言われています。

野菜をカットしてそのまま食べるよりも多くの酵素を摂り入れることができますので、ぜひすりおろして使用しましょう。

 

また、酵素は皮の近くに多く含まれていますので、無農薬野菜を選び皮まで一緒にすりおろして食べることができると良いですね。

 

酵素はドリンクでも手軽に摂ることができますよ!

関連記事

無添加の酵素ドリンクのおすすめは?無添加は健康にも良い!

 

 

果物にも酵素がいっぱい

 

野菜に続き、果物もまた豊富な酵素がふくまれます。

特に多く含む果物は

  • アボカド
  • キウイ
  • りんご
  • パパイヤ

などです。

 

果物もまた「すりおろす」ことでより多くの酵素を摂ることができます。

 

注意したいポイントは、すりおろした野菜や果物の酵素は時間と共に減少していってしまう為、すぐに食べるようにしましょう。

また、酵素は熱に弱い性質を持ち50度前後で壊れてしまいますので、生で食べることをおすすめします。

 

すりおろした野菜と果物、質の良い油、油や塩コショウなどで味付けをすると簡単に酵素がたくさん入ったドレッシングのできあがりです。

 

なお、質の良い油とは「アマニ油」や「えごま油」など、オメガ3系と呼ばれる油のことです。

オメガ3系の油には美容やダイエットにも効果的であることが分かっています。

 

 

代謝をよくする食べ物、飲み物

代謝が良くなる食材は、辛みを感じる物に多いようです。

 

まず、ショウガです。

ショウガには「ジンゲロール」と言われる血流を良くする成分が含まれており、体内の代謝が上がりエネルギーの消費が増加する作用があるとされています。

代謝が上がることによってエネルギーの消費量が増えるので、ダイエットに効果的だと言われています。

ジンゲロールは生のショウガに多く含まれます。

 

おすすめの食べ方

  • しょうが紅茶
  • ジンジャーレモンティー

擦り下ろして生のまま取り入れると良いでしょう。

 

 

また、「ショウガオール」と言われる成分には体内の糖質や脂肪の燃焼を促して体の中からじわじわと温める作用があります。

ショウガオールは加熱しないと十分な量を摂る事ができません。

おすすめの食べ方

  • 豚肉の生姜焼き
  • ショウガの炊き込みご飯

料理に加えて加熱して食べるようにしましょう。

 

 

次に辛い食べ物の代表格「唐辛子」は、カプサイシンと呼ばれる成分が体の代謝を上げてダイエットに効果があると言われています。

 

カプサイシンはじわじわと体を温め血行を良くし、基礎代謝をアップしてくれます。

体が温まると消費エネルギー脂肪を溜めにくい体にしてくれるのです。

 

ただし胃腸が弱い方は、大量に辛い物を食べると体調を崩す恐れがありますので、注意しましょう。

 



 

正月太り解消ダイエットにおすすめの食事レシピ!

 

正月太りを食事で改善したい!という方におすすめの食事レシピをご紹介します!

ぜひ、食事に取り入れてみてくださいね。

 

 ダイエット☆脂肪燃焼デトックススープ

Cpicon ダイエット☆脂肪燃焼デトックススープ

■材料

キャベツ 半玉
玉ねぎ  3玉
にんじん 1本
セロリ  1本
赤パプリカ  1/2個
黄パプリカ  1/2個
ホールトマト 1缶(400㌘)
ミネラルウォーター 2リットル
固形コンソメ  1個

■作り方

材料の野菜をすべてカットし、水とトマト缶を入れて野菜がくたくたになるまで煮込んで完成。

 

材料を煮込むだけの簡単野菜スープですので、週1回たくさん作っておけば毎日少しづつ食べることができます。

コンソメの代わりにカレー粉、鶏がらスープの素、味噌など味付けを変えると違ったスープとなり飽きずに食べることが出来ますよ。

低カロリーな鶏肉を入れるとボリュームが出るため立派なおかずにもなります。

 

 

いろいろきのこdeデトックス味噌汁

Cpicon*イロイロきのこdeデトックス味噌汁*

■材料(作りやすい量*2人分)
お好きな色々きのこ 200〜250g
だし汁  400ml(水)
味噌   大さじ2
醤油   適量
わけぎ・七味唐辛子など 適量

■作り方

① きのこを食べやすく切り、出し汁に入れて煮込む
② 味噌を溶かし 好みでわけぎや七味唐辛子をふりかけて完成

 

デトックス食材であるきのこをたくさん使った味噌汁です。

味噌汁は体に良いというイメージがあると思いますが、実はダイエットにも最適な食事です。

味噌煮には生命維持に欠かせない9種類の必須アミノ酸すべてが含まれ、食物繊維やミネラル、ビタミンもたっぷり含まれています。

 

また味噌汁のだしをとる昆布には、マグネシウムや亜鉛などのミネラル成分もバランスが良く含まれ、水溶性食物繊維も多くお通じの改善にも役に立ちます。

味噌汁は体を温める効果があり、胃腸の働きを良くしてくれます。
胃腸の環境が良くなると栄養が吸収しやくなり、代謝が良くなるのです。

 

味噌汁はまさに、日本のスーパーフードといってよいでしょう。

 

 

カットフルーツをつかってデトックスウォーター

Cpiconカットフルーツでデトックスウォーター 

■材料 (1人分)

カットフルーツ (小)1パック
・いちご5個
・パイナップル4切れ
・グレープフルーツ2切れ
・ピンクグレープフルーツ2切れ
・キウイ2枚
ミントの葉 2~3枚
水 フルーツがかぶるくらい

■作り方

①カットフルーツと浄水やミネラルウォーターをガラス容器に入れる。
②冷蔵庫で少し時間を置く。飲む前にかき混ぜて完成。

 

こちらのレシピはカットフルーツを使用することで調理器具を使うことなく完成する簡単デトックスウォーターです。

デトックスウォーターとは水にフルーツや野菜、ハーブを入れて飲むフレーバードリンクのことです。
流行のヘルシードリンクであるスムージーは野菜をミキサーにかける手間がかかりますが、デトックスウォーターはカットしたフルーツや野菜をそのまま使用するため簡単に作ることができるのです。

 

生で食べるフルーツや野菜には酵素がたくさん含まれており、デトックスに効果的です。

また抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果が得られると言われています。

 

熱を加える料理では栄養が失われやすいビタミンやカリウムも、効率的に体に摂り入れることができますよ。

むくみが気になる方はカリウムを多く含む
・レモン、オレンジの柑橘系フルーツときゅうり

アンチエイジングが気になる方はビタミンを多く含む
・ブルーベリー、ラズベリー、いちごのベリー系フルーツ

がおすすめの食材です。

火を通していない為、長時間の保存はできませんので、作ったら早めに飲みきるようにしましょう。

 

 

こんにゃくと玉ネギ☆甘辛生姜焼き

Cpicon∮こんにゃくと玉ねぎ✰甘辛✰彡生姜焼き

■材料(4人分)

こんにゃく  1枚
玉ねぎ    1個
ごま油    大匙1/2
◆酒     大匙2
◆砂糖    大匙1/2
◆みりん   大匙2
◇醤油    大匙2
◇生姜    摩り下ろし20g

 

■作り方

①こんにゃくは両面に格子状の切り目を入れ、一口サイズに切り、熱湯で1分ほど茹でておく。
②玉ネギをくし形に切る。
③鍋にごま油を熱し、玉ネギを炒めしんなりしてきたらこんにゃくを加える。
④調味料、擦り下ろしたショウガを入れしっかり煮詰めたら完成。

 

ダイエットに効果的で栄養豊富な食材、こんにゃく、玉ネギ、ショウガの3つを使用したレシピです。

こんにゃくにはグルコマンナンと呼ばれる豊富な食物繊維だけでなく、卵並みのカルシウムも含まれています。

 

また血液サラサラでお馴染みの玉ネギは体に溜まった有害物質を外に排出してくれるデトックス作用が高く、脂肪燃焼の効果も期待することができます。

ショウガもデトックス効果がとても強い食材とされていますので、まさに簡単に作ることが出来る最強のデトックスおかずと言えるでしょう。

 

 

腸活*痩せ菌を増やす納豆キムチアボカド

Cpicon腸活*痩せ菌を増やす納豆キムチアボガド 

■材料

納豆   1パック
キムチ  50〜100g
アボガド 1個

■作り方

①納豆をよく混ぜ、サイコロ状に切る
②材料を全て混ぜ合わせて完成

 

火を使わず、材料を混ぜるだけの簡単レシピです。

韓国のソウルフードであるキムチは美容やダイエットにとても効果的な食べ物です。
その理由は、食物繊維と乳酸菌による相乗効果であると言われています。

 

キムチには野菜を大量に使用しているため、野菜の食物繊維がたくさん摂る事ができます。

そして、発酵食品であるため乳酸菌を豊富に含んでいますので、腸内環境が改善され便が排出しやすくなります。

 

またキムチの辛みである唐辛子のカプサイシンが脂肪燃焼の効果を発揮してくれます。

このレシピのように、キムチは納豆と一緒に食べると相乗効果があるようですのでぜひ混ぜて食べてみてください。

 

ただし、キムチを食べる際には注意する点があります。

・塩分のとりすぎ
・辛い物を食べすぎて胃が荒れる、胃が痛む
・カプサイシンには食欲を増進させる作用もある

 

体と相談しながら食事に取り入れるようにしましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

せっかくの楽しいお正月ですので、食事を気にしすぎずにのんびりと過ごしたいのがお正月というもの。

しかし、お酒をたくさん飲んだり、普段食べないような豪華な物を食べたり、食べすぎてしまいがちになります。

 

お正月を過ぎたばかりならちょっとした調整で元に戻すことができます。
食べすぎてしまった分は後回しをせず、できるだけ早めに元に戻すようにしましょう。

 

 

置き換えダイエットもダイエットに効果的です!

関連記事

置き換えダイエットは栄養バランスが大切!栄養満点のおすすめ置き換えダイエット4選!

スムージーでダイエットできる?市販のおすすめや口コミをご紹介!

無添加のダイエットスムージー市販のおすすめは?無添加で体の中からきれいになる!

 



-ライフスタイル
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.