ヘルスケア

花粉症にヨーグルトが良いって本当?嘘?種類・食べ方・量は?

投稿日:

花粉症の方は、毎年花粉症の症状が出る方が多いようです。薬を飲んで症状を緩和させる方もいますが、食べ物で花粉症の症状を改善できるのであればしたいですよね。

ヨーグルトが花粉症に効果があると一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?それって本当?嘘?
ヨーグルトと花粉症の症状についてまとめましたよ。



花粉症にヨーグルトが良いって本当?嘘?

ヨーグルトを食べると症状が軽減されるの?

ヨーグルトを食べると花粉症の症状を和らげてくれると言われています。効果は人それぞれなようですが、花粉症の症状が軽減された、という方の多くいらっしゃるようです。

ヨーグルトで花粉症の症状が軽減できるのであれば薬なんていらないのでは、と思ってしまいそうですが、残念ながら花粉症の症状が出てからヨーグルトを食べ始めても、すぐに効果が出ることはないと言われています。

ヨーグルトで花粉症の症状が和らいだ方は、ヨーグルトによって免疫力がアップし体質が改善されて花粉症の症状が出にくくなったり、症状が軽くなったりしているという方がほとんどで花粉症になるずっと前から習慣的にヨーグルトを食べているようです。

毎年花粉症になっている方は、症状が出てから薬で症状を緩和するのではなく、事前に自分の身体の抵抗力を上げておくことで花粉症の症状がでにくい体が作れる、ということになるようです!

花粉症にヨーグルトが良いというのは本当みたいですよ!

ヨーグルトで腸内環境を整える

健康食品として身近な食品のヨーグルトですが、ヨーグルトを食べると花粉症に効果があるのはなぜでしょうか?

その理由は、ヨーグルトに含まれている乳酸菌にあります。

花粉症状を和らげるには、免疫機能を高めてアレルギーの発症を抑えることが大切だと言われています。

免疫機能は体の中を健康に保つことで高まっていくのですが、ヨーグルトを食べると乳酸菌が腸内で働き腸内環境を良くしてくれ、それが免疫力アップにつながっているようです。

 

ヨーグルトが免疫バランスを整える

人間の体の中に花粉や、ダニ、ホコリなどのアレルゲンが侵入すると、体内に敵が侵入してきたと思い退治するための抗体を作ります。

その時に攻撃の指示をしているのが、「Th2細胞」という細胞です。体内で攻撃して戦っている間、私たちの体ではくしゃみや鼻水、かゆみなどのアレルギー反応となって現れます。

もう一つ「Th1細胞」というものがありますが、こちらは病気の細菌やウイルスが体内に入ってきた時に攻撃を指示する細胞です。

 

体が健康な時には、Th1細胞とTh2細胞がバランス良く働いているのですが、免疫バランスが崩れると花粉が体内に入ってきた時にTh2細胞が過剰に働きアレルギー症状が起きやすくなるのです

しかし、ヨーグルトを食べることで免疫バランスを整えることができるそうです!

ヨーグルトに含まれているいくつかの種類の乳酸菌には、この免疫バランスも改善する働きがあると言われています。

中でも『ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株』(L-92乳酸菌)
という乳酸菌が免疫バランスを改善し、アレルギー症状を緩和するも証明されています。

 

ヨーグルトを食べると軽減される花粉症の症状は?

先ほどお伝えした、L-92乳酸菌の試験ではアレルギー症状を改善することが証明されています。

その試験では、花粉症の方(スギ花粉の方)にL-92乳酸菌を摂取してもらった結果、摂取前後で比べたところ

・眼のかゆみ

・鼻のかゆみ

が軽減されることが確認されたそうです!



花粉症の症状を軽減させるヨーグルトの種類・食べ方・量は?

どの種類のヨーグルトでもいいの?

ヨーグルトにもいろんな種類があり、スーパーで買う時に迷ってしまいそうですね。
どれでも良いわけではなく、花粉症の症状を緩和させてくれる乳酸菌が入っているヨーグルトがオススメなのです!

では、花粉症に効果的な乳酸菌をご紹介します。

フェカリス菌

免疫機能を高める働きが強く、継続的に摂取することにより鼻づまりや目のかゆみが改善されることが明らかになってきています。

 

kw乳酸菌

免疫機能を高めてバランスを整える働きがあるので、花粉症の症状を緩和する効果があるといわれています。
kw乳酸菌を継続に摂取することで、アレルギー症状の原因であるIgE抗体が減少することが明らかになっています。

 

L-92乳酸菌

ヒト由来の乳酸菌で花粉症状に効果があります。免疫細胞のバランスを整える、症状を緩和します。継続的な摂取で鼻づまりや眼のかゆみなどの症状が改善されることがわかっています。

 

BB536乳酸菌

免疫力を高める効果があり、免疫バランスが崩れることを防ぎます。

 

ビフィズス菌LKM512

アトピーの症状に効果があるので、花粉症などでアレルギー症状が出た時におすすめです。

 

おすすめのヨーグルト

まず、おすすめできないのは砂糖が入っている甘いもの!
免疫力低下を防ぐためのビタミンBなどが砂糖を取ることで減少してしまいます。

買うなら砂糖なしのものがおすすめです。甘みが欲しければハチミツなどをかけましょう。

 

花粉症に効果があるといわれている乳酸菌が入っているヨーグルトをご紹介します!

小岩井 プラズマ乳酸菌ヨーグルト

免疫機能のバランスを整えるkw乳酸菌と、免疫力を高めてウイルス排除効果も期待できるプラズマ乳酸菌がはいっています。

 

R-1ヨーグルト

乳酸菌を腸まで死滅せずに送り届けることができ、免疫機能を正常化することができます。

 

森永 ビヒダスヨーグルト

BB536乳酸菌がふくまれており、3ヶ月の摂取で花粉症状が緩和したという調査結果もでています。

 

ヨーグルト以外のオススメも・・・。

カルピス アレルケア

L-92乳酸菌が手軽にとれます

 

伊藤園 朝のYoo

フェカリス菌がおいしく摂取できます!

 

おすすめの食べ方は?

効果のある乳酸菌の入ったヨーグルト食べてすぐに症状が緩和されることはありません。

腸内の環境を変えて体質改善をするためには約1か月ほどかかると言われています。
毎日乳酸菌を摂取することで症状の緩和につながりますので、毎日食べることを習慣にするとよいでしょう。

 

【食べ方のポイント】

・最低でも2週間は続けて摂取する
・一度にたくさん食べなくてもok
・ヨーグルトは食後に食べる
・冷えたものより温かいものがおすすめ

 

食前に食べると、乳酸菌が胃酸に溶かされてしまうので、食後がおすすめです。

温かいヨーグルトを食べると腸内の善玉菌が活性化されます。熱しすぎると乳酸菌が死んでしまうので、ほんのり温かいくらいが◎ですよ。

花粉症になる1ヶ月前くらいから食べ始めると効果を感じられるかもしれませんね!

 

1日にどれくらい食べるの?

1日に何回食べれば花粉症に効果があるのでしょうか?

ヨーグルトは毎日続けて食べることが大切ですので、1日1カップで十分なんですよ。

たくさん食べた方が効果がありそうな感じもしますが、多く食べても早く症状が緩和されるわけではありません。
たくさん食べすぎるとお腹がゆるくなってしまう可能性もありますので、食べ過ぎには注意してください。

ヨーグルトはあくまでも腸内環境をサポートするものであると思っていてくださいね。

 

まとめ

・ヨーグルトに含まれる乳酸菌が免疫機能を高めて、症状がでにくい体を作ってくれる

・花粉症状が出てから食べてもすぐには効果がないので、1ヶ月前くらいから毎日摂取すると効果が期待できる

・毎日1カップのヨーグルトでOK!効果のある乳酸菌がはいっているヨーグルトを食べましょう

 

薬に頼らず、自分の体の免疫機能を高めて花粉症状を抑えられると良いですね!花粉症になる前に、早めに食事に取り入れてみてください(^^)



-ヘルスケア
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.