お出かけ情報

加古川まつり花火大会2018年の日程やアクセス方法!駐車場や穴場情報もご紹介!!

投稿日:

今年で47回目を迎える「加古川まつり花火大会」は、スターマインなど約5000発もの花火が打ち上げられます。

河川の中央から打ち上げられるので、会場周辺のどこからでも観賞できるのでどこから花火を見るか迷ってしまう方もいると思います。

屋台も出店される予定ですので、花火までは屋台を楽しんでお祭り気分を味わうのも良いと思いますよ!

 

こちらでは、2018年の加古川花火大会の日程、アクセス方法、車で行く場合の駐車場の情報をまとめています。
穴場スポットもご紹介していますのでぜひ、最後まで読んでくださいね!




加古川まつり花火大会2018年の日程やアクセス方は?

今年で47回目を迎える加古川の夏の風物詩「加古川まつり花火大会」
その歴史は古く、初めてまつりが行われたのは昭和28年になります。

 

毎年花火が打ち上げられており、約5000発の花火が訪れる方を楽しませていますよ。

今年の祭りのテーマは「HAPPY!~ぐぅっと!SMILE 加古川~」です。
どのような祭り、花火が見れるのか楽しみですね!

 

また、7月下旬から8月中旬までは、市内各会場の「おまつり広場」でさまざまなイベントが催されるので、花火と合わせて楽しむのもおすすめです。

 

2018年の加古川まつり花火大会の日程や基本情報は以下の通りです。

日時2018年8月5日(日)

*荒天時は中止

花火の打上時間19:30~20:30(予定)

打ち上げ場所:加古川河川敷(加古川バイパス北側)

花火打上発数:約5000発

 

昨年の人出:約8万5000人

屋台:約200店(16:00~22:00)

 

問い合わせ先:079-424-2190 (加古川まつり実行委員会事務局)

公式HP加古川まつり

 

加古川まつり花火大会へのアクセス方は?

加古川まつり花火大会 電車でのアクセス方法

花火会場への最寄りの駅は、

JR「加古川駅」です。

北口から北西へ進み、徒歩約30分かかります。

 

*駅からはバスなどありませんので、歩いて会場まで行くことになります。

 

加古川まつり花火大会 車でのアクセス方法

加古川まつり花火大会では、専用の駐車場がありませんので公共の交通機関で来るように主催者側がお知らせしています。

駐車場・会場周辺に駐車場はございません。

大渋滞が予想されますので必ず公共交通機関をご利用ください。

引用:http://kakogawa-matsuri.com/outline/index.html

 

もし、周辺にもいくつかコインパーキングはありますがすぐに満車になってしまいますし、会場周辺は交通規制がかかりますので、渋滞に巻き込まれて帰れなくなるということが予想されます。

車で来る方は、JR加古川駅の周辺のコインパーキングに早くから駐車するか、1つか2つ離れた駅の近くのコインパーキングに駐車して、そこからは電車で最寄り駅まで来ると良いでしょう。



2018年の加古川まつり花火大会の周辺駐車場は?

花火大会当日は、交通規制が行われ周辺道路が大変混雑します。

それでも、できるだけ会場の近くに車を停めたいという方は午前中から車を停めないと満車になる可能性は高いです。

帰りは渋滞することが予想されるので、覚悟して車できてくださいね。

 

JR加古川駅周辺にはコインパーキングがいくつかあります。

駅に近いと最大料金が1500円以上するところもあるので、24時間の最大料金が安いおすすめの駐車場をいくつかご紹介します!

 

タイムズJR加古川駅北第6

12台
24時間最大700円

 

タイムズ加古川寺家町

12台
24時間最大700円

 

タイムズJR加古川駅東第3

20台
24時間最大500円

 

GSパーク加古川駐車場

47台
24時間最大700円

 

ニッケパークタウンの駐車場もおすすめ!

駐車場は3か所あり、全部で1500台もの車が駐車できます。

終日30分100円ですが、はじめの30分は無料、館内にてお買物ををすると、最大6時間無料サービス!!

買い物をして、駐車場の屋上から花火を見るのもおすすめですよ。

 

入庫から 2時間無料 ●お買上げレシート合計1円~1,999円のお客様
入庫から 4時間無料 ●お買上げレシート合計2,000円~9,999円のお客様
入庫から 6時間無料 ●お買上げレシート合計10,000円以上のお客様
入庫から 3時間無料 ●PTパスポート会員証ご提示のお客様

引用:ニッケパークタウン

 



2018年の加古川まつり花火大会の花火穴場スポット!!

花火の打ち上げ場所は、加古川「水管橋」北側です。

加古川で上げられるということもあり、360度どの方向からも楽しめるのが嬉しいですね!

加古川まつり花火大会は有料席あり!

ゆったりと近くで花火を見たい方は、有料観覧席でみるのがおすすめですよ。
近くで見れるので迫力がありますし、場所取りをしなくて良いのが嬉しいですね。

お手頃価格で、お茶が付いてきて、有料席専用のトイレも完備されているのも魅力です。
花火大会などはトイレが混雑するので、女性の方や小さいお子さんには嬉しいことです。

 

【場所】加古川河川敷緑地(JR加古川駅から徒歩30分)
【定員】800席
【費用】1,000円 ※全席自由。3歳未満は保護者の膝上のみ無料。

 

予約方法

販売期間:7月1日(日)~8月4日(土)
*当日販売はありません。
なお、販売期間中であっても予定枚数に達した時点で販売終了。

セブンチケット、ローソンチケットで購入できます。
*セブンイレブン、ローソンの各店舗でも購入できます。

 

加古川まつり花火大会の花火穴場スポットは?

有料席以外でゆったりと花火を見たいという方は、穴場スポットで見るのが良いでしょう。

花火自体は、加古川から打ち上げられるのでわりとどこからでも見ることができると思いますが、人が少ないところは会場から離れている所だと思います。

屋台はいいから、花火だけ楽しみたい!という方におすすめの場所をいくつか紹介しておきます。

 

穴場① 日岡山公園

桜がきれいな場所で地元では有名な場所です。

会場から1kmほど離れている場所で、高い丘の上に位置していますのでとても見晴らしがいいです。
河川敷に近ければ近いほど、パワフルで迫力のある花火を楽しむことができますよ。

 

 

穴場② 加古川大会会場

花火の打ち上げ場所の北側にある河川敷です。

近くに無料で車を停められる場所があり、地元の方など割と人がいますが、とても広いのでゆっくりと花火を見ることが出来ます。

早めに到着して河川敷でバーベキューしたりしながら過ごすこともできるようです。

 

まとめ

加古川で打ち上げらえるので、わりとどこでも花火を見ることができますよ!

近くで見ると迫力があるので、有料観覧席もおすすめです。

 

屋台も祭の楽しみの一つですが、人混みを避けてゆっくりと花火を楽しみたいという方は、穴場スポットに行ってみてくださいね。

 

関連記事

みなとこうべ花火大会2018年の日程や時間は?観覧場所やアクセス方法は?

天神祭奉納花火の2018年の日程と花火の時間は?打ち上げ場所・アクセス方法は?

なにわ淀川花火大会2018年の日程や花火の時間は?開催場所やアクセス方法もご紹介!



-お出かけ情報
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.