お出かけ情報

天神祭奉納花火2018!日程と花火の時間は?打ち上げ場所・アクセス方法は?

投稿日:2018年5月28日 更新日:

毎年7月25日、他の花火大会に比べると一足早く行われる「天神祭奉納花火」

関西の方にとっては馴染みの深い夏の風物詩で、毎年たくさんの方は訪れています。

花火の他に屋台が目的で来られている方もいるほど、たくさんの屋台が出ているので夏の始まりを感じられる祭にぜひ行ってみて下さい。

 

こちらでは、2018年の天神祭奉納花火の日程や時間、花火の観覧場所、アクセス方法などをご紹介しています。




天神祭奉納花火の2018年の日程・花火の時間・見どころは?

天神祭奉納花火とは?

天神祭奉納花火は、「日本三大祭」のひとつで、毎年約130万人の方が訪れる関西でも人気の花火大会です。

祭りの前夜祭として7月24日には「宵宮(よみや)」が行われ、7月25日に「本宮」が行われます。

 

25日の本宮の夜は、大川に多くの船が行き交う陸渡御(おかとぎょ)と船渡御(ふなとぎょ)が行われます。
そして25日の夜の最後には、神様にお供えするための奉納花火が上がり祭を盛り上げます。

大川に映る篝火や提灯灯り、花火などの華麗な姿より火と水の祭典とも呼ばれている。

 

天神祭奉納花火の2018年の日程・花火の時間は?

2018年の天神祭奉納花火の日程スケジュールは以下の通りです。

日程2018年 7月25日(水)

花火の時間19:30~20:50

*荒天中止

花火打ち上げ場所:大阪市北区 毛馬桜乃宮公園・川崎公園周辺一帯

花火発数:約5000発

昨年の人出:約130万人

屋台:約1000店舗(大阪天満宮、天神橋筋商店街、桜ノ宮公園中央広場、大川沿岸)

お問い合わせ:06-6353-0025 (大阪天満宮)

 

天神祭奉納花火の開催日は、毎年同じ日になっています。

今年の日程は、

7月24日(火)・・・「宵宮」

7月25日(水)・・・「本宮」

屋台はどちらの日も出店されますが、花火の打ち上げは25日のみになります。

 

他にも、天神祭を盛り上げるために先駆けて様々なイベントも行われます。

  • 7/7 天満天神七夕祭
  • 7/16 ドラゴンボート選手権大会
  • 7/23 天神ギャルみこし

など他にも様々なイベントがあるようですよ。

*詳しいその他のイベントについてはこちら↓

天神祭総合情報サイト

 

天神祭奉納花火の見どころは?

天神祭奉納花火の見所は、奉納花火のオープニングに打ち上げる「紅梅花火」、「スターマイン」、「空中ナイアガラ」、「仕掛け文字花火」だと言われています。

祭のフィナーレとして約5000発の花火が打ち上げられ、天満宮の梅を模したものなど天神祭ならではの花火などもあります。

大阪市北区桜ノ宮公園と川崎公園周辺の2か所で花火が上げられるのが特徴ですので、どこで花火を見るかによって、花火の見え方も違ってきますよ。

 

大川には篝火や提灯の灯りが映り、夜空の花火とのコラボレーションがとてもきれいだと言われています!

 

 



2018年の天神祭奉納花火打ち上げ場所・花火観覧場所は?

2018年の天神祭奉納花火の打ち上げ場所は?

花火の打ち上げ場所は、

  • 毛馬桜乃宮公園周辺(OAP対岸の桜乃宮野球球場)
  • 川崎公園周辺(造幣局東側の川沿い)

の2か所から打ち上げられます。

 

2018年の天神祭奉納花火の無料花火観覧場所は?

有料の特別観覧席以外では、どこから見てもよいですが、ゆっくりと座ってしっかりと花火を楽しみたいというかたにおすすめの無料花火観覧場所をご紹介します。

OAPタワー周辺

画像引用:http://mrbird.blog.players.tv/article/46965079.html

 

大川の西側に位置する人気観覧場所です。
打ち上げ花火の正面に位置する場所で迫力ある花火が見れます。
午前中から場所取りをする方がおるほど人気の場所で17時には満席になる可能性大です。

 

毛馬桜乃宮公園

画像引用:https://osaka-info.jp/page/kema-sakuranomiya-park

 

大川の東側にある公園で、川沿いが人気の観覧場所です。
広範囲に伸びる川沿いで、近くで花火が見たいという方にお勧めです。

花火の時間までは、公園内の屋台を楽しむと良いでしょう。

 

2018年の天神祭奉納花火の有料花火観覧場所は?

有料の特別観覧席は、打ち上げ場所の東側に位置し、すぐそばで花火を見ることが出来るので迫力ある花火が楽しめますよ。

場所は、大阪ふれあいの水辺(源八橋下流左岸砂浜)です。

 

特別観覧席の種類は、

  • テーブル席:1テーブル(4人分)2万2000円
  • 砂浜自由席:1人4000円

 

チケットの販売は6月1日(金)からの予定です。

お問い合わせ先:06-6809-1588(天神祭特別プロジェクト事務局)



2018年天神祭奉納花火のアクセス方法は?

2018年天神祭奉納花火の車でのアクセス方法は?

大阪天満宮周辺では、広範囲にわたり交通規制が実施されます。

 

日中に「陸渡御」が行われるので、

大川より西側は、15時30分頃~23時頃(一部13時頃~)

大川より東側は、18時頃~23時頃

 

長時間にわたり交通規制されるので車で祭り会場周辺まで行くのはやめた方が良いでしょう。

 

遠方から花火大会に行こうと思っている方でどうしても車で行きたいという方は、最寄り駅からもう一駅遠い場所などのパーキングに駐車して、そこからは電車を使って花火会場まで行くのがおすすめですよ。

 

2018年天神祭奉納花火のアクセス方法は?

天神祭に行くなら、公共交通機関の電車で行くのがおすすめです。

【各電車の最寄り駅】

 

JR環状線 桜ノ宮駅・天満駅

JR東西線 大阪天満宮駅・大阪城北詰駅

Osaka Metro谷町線 南森町駅・天満橋駅

京阪 天満橋駅

やはり会場に近い駅は大変混雑します。

帰りの切符は、花火会場に来た時に先に買っておきましょう。

 

まとめ

関西の花火大会でも早い時期に行われるので、夏の始まりを感じられる楽しいお祭りにぜひ行ってみてください。

花火だけでなく、屋台もたくさん出ているので食べ歩きも楽しめると思いますよ!

 

観覧場所は埋まるのも早いので、良い場所で花火が見たいという方は早めに出かけて下さいね!

 

関連記事

なにわ淀川花火大会2018年の日程や花火の時間は?開催場所やアクセス方法もご紹介!

みなとこうべ花火大会2018年の日程や時間は?観覧場所やアクセス方法は?



-お出かけ情報
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.