ライフスタイル

一人暮らしの新生活の費用はどれくらい必要?

投稿日:

一人暮らしを始めようと思っている方は準備や生活にどれくらいの費用が必要なのか気になりますよね。

大学生で下宿する方、社会人で都会に出てきた方など様々だと思いますが、一人で生活するのにも意外と費用がかかるのです。

どれくらい準備しておけば生活できるのか、準備や生活費用の相場をまとめました。




一人暮らしの新生活準備に必要な費用は?

一人暮らしの準備にかかる費用は?

自分で資金を貯めようと思っている方や、自分の子どもの費用を準備しようと思っている方はどれくらいお金を準備すればよいか目安があれば準備しやすいと思います。

一人暮らしを始めるためにはどのようなお金が必要なのでしょうか?
以下にまとめました。

住宅費
マンションやアパートを貸してもらうために必要な費用です。貸してもらうためには初期費用がいろいろ必要になります。

引っ越し代金
引っ越し業者に依頼するなら費用がかかってきます。

家具・家電など
生活に必要な家具や家電などの生活用品を準備しなければいけません。

では、順番にどんなものにいくらほど費用がかかるか説明していきます。

 

住宅費

住宅費は家賃だけではありません。契約する時には初期費用がいろいろとかかってきます。家賃によって初期にかかる費用にも差がでてきます。

最初の1ヶ月分の家賃
引っ越してから最初に住む1ヶ月分の家賃です。最初に支払うことが多いです。
一人暮らしなら1か月の家賃が5~8万円ほどのところが多いです。

敷金
敷金は、家賃を払えなくなってしまった時のために預けておく保証金の様なお金です。退去の時に部屋の修理が必要なら敷金から支払われます。何もなければ全額返ってきます。
首都圏であれば、敷金は家賃2ヶ月分が一般的です。敷金なしの物件もあります。

礼金
礼金は、部屋を貸してくれる大家さんや管理会社にお礼としてわたすお金です。こちらは返ってこないお金です。
礼金なしの物件もありますが、首都圏では、礼金は家賃の1〜2ヶ月分が一般的です。

火災保険
基本的には加入しなければいけません。だいたい1万5千円くらいです。更新するときにまた費用が必要になります。

仲介手数料
不動産屋さんに支払うお金です。だいたい家賃1ヶ月分。

 

【家賃を6万円にした場合】

家賃       6万
敷金(2か月分) 12万
礼金(2か月分) 12万
火災保険     1万5千
仲介手数料    6万

合計:37万5000円

引っ越し代金

家族や知人に頼んだ場合は引っ越し費用はかかりませんが、引っ越し業者に依頼した場合には引っ越し代金がかかります。

引っ越しシーズン(2〜4月頃)は忙しく料金も高くなっています。また、土日よりは平日の方が安くなり、時間帯によっても値段がかわってきます。

引越し料金の基本運賃は「荷物量」「移動距離」で決まります。
とくに単身引越しの場合、荷物量を減らすことでお得なプランが利用できることもあります。詳細を確認しておきましょう。

 

 

画像引用:SUUMO

こちらを参考にして頂くと、大体の平均費用が分かりますが、引っ越し業者によっても費用には差があるのでいくつかの業者で見積もりをとって安いところにすると費用を抑えられると思います。

 

家具・家電など

一人暮らしとはいえ、生活するためにはある程度の家具や家電は必要になってきます。最低限の必要なものを買うとどれくらいの費用が必要になるのでしょうか?

安めのものを参考にまとめました。

【家電】

テレビ   5万
冷蔵庫   4万
洗濯機   4万
電子レンジ 1万
照明    1万
炊飯器   1万

合計:約16万円

【家具】

テーブル    5千
布団      3万
カーテン    5千
食器、調理器具 5千
生活必需品
(洗剤、タオル、ティッシュなど) 3千

合計:約5万円

気に入ったものを選んでいくとさらに値段は高くなることが予想されます。
リサイクル品など中古品は費用を抑えらると思います。



一人暮らしの生活に必要な費用は?

独り暮らしの初期にかかる費用については分かりましたが、その後の生活に必要なお金もある程度準備しておかないと生活することができませんよね。一人暮らしの生活にはどういったことにお金がかかるのでしょうか?

1か月にかかる生活費は?

家賃
都心に近くなるほど高くなります。田舎の方など不便なところは安いですよ。
5~8万円ほど

電気代
3000~4000円
ガスを使わないオール電化の場合は7000円前後
エアコンを使う夏場は料金が高くなることが多いです。+3000円ほどはかかります

水道代
3000~4000円
住んでいる都市によって少し差が出ます

ガス代
3000~5000円
自炊で料理をよくする方は高めになります。

食費
2万円前後
外食をするとすぐに2万円オーバーします。自炊のみなら節約も可能

日用品
ティッシュ、トイレットペーパー、シャンプーなど生活にひつようなもの
だいたい5000円ほど。女性の場合は化粧品代がかかりますので高くなります。

雑費
携帯代、おこずかい、交通費など
少なくても3万円ほどはみておきましょう。

少なく計算すると、合計約11万5000円が1か月の生活費として必要になります。
実際に生活すると、外食も多いですし、女性はメイク用品や服代など+3万は必要になると思います。



一人暮らしの費用をできるだけ安くするには?

引越しシーズンを避ける

引越しシーズンは引っ越し費用が高くなるので、できるのなら引っ越し業者の忙しくない時にすると安く抑えられると思います。5月~1月はそれほど込み合っていないようで、9月が比較的安いと言われています。
また、土日や午前中の引っ越しの方が料金が高くなるところが多いので、平日で17時以降であれば安くなることもあるようです。

リサイクル品を利用する

家具や家電など生活に必要な用品を準備する時に、安い値段のものでも新品のものをそろえるとそれなりに高くなってしまします。できるだけ費用を抑えたい方は、使用されていた中古品が売られているリサイクルショップやオークション、フリマアプリなどを活用すると安くで良い品物が手に入るかもしれませんよ。

引っ越した後に購入したり、引越し先に送ってもらえるように依頼すると引っ越しの時に運ぶ手間がかかりませんよ。

 

要らない物を売って引っ越し費用に

引越しを機に身の回りの要らない物を処分する方も多いと思います。服や雑貨など捨ててしまわずにきれいなものや、まだ使えそうなものは売って引っ越しの費用にあてるとよいですよ。

リサイクルショップは買い取り価格が低いので、手間はかかりますがフリマアプリやオークションなどで売るのがおすすめです。売れるまで時間がかかることもあるので早めに要らない物を探したり、荷造りを始めると良いでしょう。

 

まとめ

・一人暮らしを始めるために必要な費用は、住宅代・引っ越し代・家具家電・生活費が必要になってくる。

・それぞれの費用を抑えることで初期費用が安くなるので、不必要な出費はしないように早めから調べたり準備したりしてください。

ある程度の貯金をしてから一人暮らしを始める方が生活にもゆとりができると思います。あこがれの一人暮らしが素敵なものになるよう、事前の準備をしっかりしてくださいね。



-ライフスタイル
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.