お出かけ情報

猪名川花火大会2018年の日程は?アクセス方法・花火の観覧場所の穴場をご紹介!

投稿日:

今年で70回目を迎える「猪名川花火大会」

兵庫県川西市と大阪府池田市が合同で開催する、昭和23年から続く伝統ある花火大会です。

 

毎年、関西圏から大勢の人々が訪れる人気の祭りですよ。

今年も、色とりどりのスターマインを含めた約4000発の花火が打ち上げられます!

 

こちらでは、猪名川花火大会の2018年の日程、アクセス方法、花火の観覧場所や穴場についてまとめています。
ぜひ、参考にでかけてくださいね。




猪名川花火大会2018年の日程は?

猪名川花火大会は大阪府池田市と兵庫県川西市の友好を目的として始まった、昭和23年から続く伝統のある花火大会です。

毎年、11万人を超える人々が来られており、スターマインを含めた約4,000発に及ぶ花火は毎年見ごたえがあります。フィナーレまで見逃せませんね!

屋台もたくさん出店されるので、子どもから大人まで楽しめる夏のイベントですよ!

 

猪名川花火大会の2018年の日程や基本情報は以下の通りになります。

【2018年 猪名川花火大会 日程・基本情報】

日程2018年8月18日(土曜日)

*小雨決行・荒天中止(雨の場合は当日3時までに決定)
荒天の場合は翌日8月19日(日曜日)に延期となっています。

時間花火打ち上げ 19:20~20:20

場所兵庫県川西市・大阪府池田市の猪名川両岸(兵庫県川西市小花2丁目付近)

花火打ち上げ数約4000発(予定)

来場者数昨年の人出 約11万6000人

お問い合わせ

072-740-1161(川西市文化・観光・スポーツ課)
072-754-6244(池田市空港・観光課)
0180-991-816(テレドーム、当日音声案内)

公式HP川西市 猪名川花火大会について

 

 

猪名川花火大会の花火会場周辺には屋台も多く出店され、訪れる方の楽しみの一つだと思います。

屋台の出店数は
川西市側で約150店舗
池田市側で約200店舗

だとされています。

 

17:00~21:30頃まで屋台が楽しめるようですよ!


猪名川花火大会へのアクセス方法や交通規制は?

猪名川花火大会 公共の交通機関でのアクセス方法

花火大会は車で行くと混雑するので、電車で行くのがおすすめですよ!

花火会場への最寄り駅

  • 阪急 「池田駅」・「川西能勢口駅」から徒歩で10分ほど
  • JR 「川西池田駅」から徒歩で15分ほど

 

川西市側で花火を見るなら・・・阪急「川西能勢口駅」・JR「川西池田駅」

池田市側で花火を見るなら・・・阪急「池田駅」

を利用すると良いですよ。

 

猪名川花火大会 車でのアクセス方法

花火会場には、専用の駐車場はありませんので、できるだけ公共の交通機関を利用するように主催者側が呼びかけています。

また、当日の花火会場周辺では交通規制があり、混雑することが予想されます。

 

車で行く場合は、花火会場の離れた場所で見るか、離れた場所に駐車して歩いて花火会場まで向かうのが良いと思いますよ。

最寄り駅の周辺にもコインパーキングがいくつかありますが、すぐに満車になってしまいますし、帰りには渋滞に巻き込まれてしまう恐れがありますので注意が必要です。

 

猪名川花火大会 当日の交通規制について

高速道路では、6時頃から出入り口が封鎖になったり、通行止めになる場所があります。

■阪神高速池田線が一部通行止め

午後7時~10時頃まで
阪神高速道路11号池田線の「池田分岐」~「池田木部」まで通行止め

 

■ 阪神高速 出口封鎖

  • 午後6時頃~ 「川西小花出」入口(一般道路の交通規制のため)
  • 午後7時頃~ 「池田木部」入口(大阪市内行き・上り)、「神田」入口(池田木部行き・下り)

 

■五月山ドライブウェイ

午後6時~9時頃まで 通行止め

 

■花火会場周辺

会場付近(川西・池田側)は、午後6時~10時頃まで交通規制

*一部午後4時30分頃から片側通行の場所もあり

*こちらは昨年のものですが、大幅には変更はないと思いますので参考にしてください。



猪名川花火大会のおすすめ花火観覧場所・穴場スポットは?

猪名川花火大会では、有料の観覧席はありません。

できるだけ近くで花火が見たいという方は、市でも公表している無料の花火会場で見ると良いですよ!

花火会場は当日の16:00以降からでないと場所取りをすることができません。(一部だけ朝から場所取りOK)

できるだけ近く良い場所で見たいという方は、16時になったらすぐに場所を取りに行けるように準備しておく必要がありますね。

川西市側・池田市側ともに花火を見る会場が2か所あります。

 

川西市側 第1会場(北側)

花火打ち上げ場所よりも北側に位置して、駅からも近いので人が多いです。

阪急「川西能勢口駅」から徒歩約15分
JR「川西池田駅」から徒歩約10分

 

川西市側 第2会場(南側)

駅から少し離れますが、打ち上げ場所に近いので花火をより近くで見たい方はこちらが良いですよ。

第2会場(南側観覧席)の一部は当日の朝から開場します。

阪急 「川西能勢口駅」から徒歩約25分。
JR 「川西池田駅」から徒歩約20分。

 

池田市側 第1会場(北側)

花火打ち上げ場所よりも北側に位置して、駅からも近いので人が多いです。

阪急「池田駅」から徒歩10分

 

池田市側 第2会場(南側)

駅から少し離れますが、打ち上げ場所に近いので花火をより近くで見たい方はこちらが良いですよ。

阪急 「池田駅」から徒歩約30分。

 

猪名川花火大会のおすすめ花火穴場スポットは?

猪名川花火大会は有料観覧なく、花火会場付近の無料観覧場所は大変混雑しますので、穴場から見るのもおすすめです。

車で近くまで行こうと思っている方は、穴場スポットにも行きやすく、渋滞などの混雑も避けることができるのでおすすめですよ。

ぜひ、参考に観覧場所を決めてみて下さい。

 

穴場①:猪名川運動公園~猪名川大橋周辺

打ち上げ会場からは少し離れていきますが、比較的人混み少なくなるのでゆったり見れます。

 

 

 

穴場②:五月山公園

打ち上げ会場からは約2kmくらいの距離があるので、迫力が劣ってしまいますが夜景も一緒にたのしむことができます。

こちらは夜景がきれいだと有名なスポットでもありますよ。

ゆったりと花火を見ることが、近くには動物園や遊具などもあるので小さいお子さんがいる方、明るいうちはそちらで遊んで夜は花火を楽しむと良いと思いますよ。

 

 

穴場③:すみれが丘

すみれが丘郵便局と小学校を結ぶ長い階段がおすすめで、地元の方がよく見に来られている穴場スポットです。

かなり遠くまで見ることができますよ!

 

 

穴場④:伊丹スカイパーク

こちらは伊丹空港の南側にある公園で、花火大会の観覧スポットとしても有名ですが
動画をご覧の通り猪名川の花火もバッチリ鑑賞する事ができます。

花火は少し小さく見えますが、きれいな夜景とセットで花火を見ることができますよ。

駐車場も完備されているので車で行ける穴場ですよ。

 

まとめ

花火だけ楽しみたいのであれば、穴場からの花火鑑賞なら混雑や渋滞も避けられますよ。

花火会場周辺は屋台がたくさん出ており、花火も近くで見ることができるのでお祭り気分を味わいたいならぜひ会場周辺まで行って祭りを楽しんでくださいね

 

関連記事

天神祭奉納花火の2018年の日程と花火の時間は?打ち上げ場所・アクセス方法は?

教祖祭PL花火芸術2018年の日程や打ち上げ数は?アクセス方法・穴場もご紹介!

なにわ淀川花火大会2018年の日程や時間は?観覧場所やアクセス方法は?



-お出かけ情報
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.