お出かけ情報

2018びわ湖大花火大会の日程は?有料観覧場所・穴場スポットご紹介!

投稿日:

琵琶湖と言う最高のロケーションをフルに生かした花火大会である「びわ湖大花火大会」

湖面に上に打ち上げられる花火は水面も彩り、美しさが自慢の花火が毎年人気です!

 

花火の打ち上げ場所が複数あるので、どこから見るかによって花火の見え方も違うので、どこから花火を見るのか参考にしてください。

こちらでは、2018年のびわ湖大花火大会の日程、アクセス方法、花火の観覧場所についてまとめています。
穴場も紹介していますので、最後まで読んでくださいね!




2018びわ湖大花火大会の日程や花火の時間は?

びわ湖大花火大会は、数ある花火大会の中でも人気の高い花火大会の一つです。

湖面じょうに扇型を描くような水中スターマインや、湖面近くに斜めの打ち上げられるスターマインなど約1万発がびわ湖を色鮮やかに彩ります!

豪華なクライマックスは見逃せませんよ。

 

びわ湖大花火大会の2018年の日程スケジュールは以下のとおりです。

日程2018年 8月7日(火)

*小雨決行、荒天の場合は8月10日(金)に延期

 

花火の時間19:30~20:30(延期の場合も同時刻)

花火打ち上げ場所大津市浜大津 滋賀県営大津港沖水面一帯

 

打ち上げ予定発数約10,000発(スターマイン、3~10号玉)

*テーマ・・・虹色の旅へ。滋賀・びわ湖

昨年の人出約35万人

お問い合わせ077-511-1530(びわ湖大花火大会実行委員会事務局)

*大会当日の開催に関するお問い合わせは下記まで
0180-99-3339(音声案内:当日のみ10:00~20:00)

 

2018びわ湖大花火大会へのアクセス方法は?

電車でのアクセス方法は?

電車では、見る場所によって最寄り駅が異なりますので、参考に出かけて下さい。

【大津港周辺のびわ湖畔、なぎさ公園などへ】

JR琵琶湖線 「大津駅」「膳所駅」 徒歩約15分、

京阪電車 「びわ湖浜大津駅」 徒歩約5分

 

【皇子山運動公園、皇子山陸上競技場などへ】

JR湖西線 「大津京駅」 徒歩約10分

京阪電車 「京阪大津京駅」「大津市役所前駅」 徒歩約10分

 

車でのアクセス方法は?

花火大会当日は会場周辺が大変混雑します。

17時~24時頃まではメイン会場周辺の浜大津~JR大津駅だけでなく、対岸の草津・湖周道路も一方通行となるなど、交通規制もありますので、近くまで車で行くと渋滞に巻き込まれて帰りが大変です。

 

専用の駐車場はありませんが、花火会場周辺はコインパーキングもわりとたくさんあります。
近い場所は早い時間から満車になりますので、近くに停めたい方はできるだけ早くにいってください。

 

少し遠くに駐車して歩いて会場に行くと、帰りも車が出しやすいと思いますよ。

車で行く場合の最寄りI.C.は「大津I.C.」になります。

大津サービスエリアで花火を見る方もおり、毎年高速道路は混雑しますので、車で来る方は渋滞を覚悟できてください。

 

 


2018びわ湖大花火大会は有料観覧場所がおすすめ!

びわ湖大花火大会では、有料観覧席が準備されています。

花火がほぼ正面から見ることが出来るうえ、椅子に座って花火が見れるということでゆっくりと花火を楽しみたい方に人気です。

複数の場所から花火が上げられるので、有料観覧席もいろんな場所で設置されていますよ。

画像引用:https://www.biwako-visitors.jp/hanabi/index.html

  • 大津港管理用通路
  • 修景緑地
  • シンボル緑地
  • なぎさ公園(おまつり広場)

などに設置される予定です。

 

 

今年もパイプいす席と、ゆったり鑑賞できる桟敷席が設けられる予定です。

画像引用:https://www.biwako-visitors.jp/hanabi/index.html

 

料金はまだ未定で、「チケットぴあ」「日本旅行」などで販売予定です。

*参考に昨年の情報です。

有料席 約16.000席

前売券:3.800円
当日券:4.300円

詳細は後日、公式サイトからお知らせされますので、気になる方はチェックしてみてください。

2018びわ湖大花火大会 公式サイト

 

 


2018びわ湖大花火大会の花火観覧の穴場スポットご紹介!

びわ湖の花火は複数の場所で打ち上げられ、湖ということで遮るものも少ないので広範囲で花火が見ることができます。

有料観覧席は真正面から見ることができるのでおすすめですが、他にも花火がよく見える穴場の観覧スポットはありますよ!

 

矢橋帰帆島(やばせきはんとう)

花火大会のメイン会場から琵琶湖を挟んで対岸にある人工島です。

比較的近くでよく見ることができる穴場ですが、駅からは遠いので車で行く方がおすすめです。

 

こちらにはプールやジャングルジムなど子どもが楽しめるところがあるので、遊んだ帰りに花火を見て帰るというのも良いと思います。

 

比叡山ドライブウェイ夢見が丘駐車場

比叡山ドライブウェイは有料道路で、大津側の入り口、田の谷ゲートから夢見が丘駐車場までは往復840円かかります。
「夢見が丘」駐車場には展望台があり、そちらからは、大津、琵琶湖の景色が一望できます。

駐車場は132台分ありますので停められることが多いですが、満車になると規制がかかり入れなくなるので、早めに行くようにしてください。

<比叡山ドライブウェイHP>

http://www.hieizan-way.com/guide_yumemigaoka.html

 

高速道路下り線大津SA

3階展望デッキから大パノラマで見ることができます。
大津サービスエリアでは、両方の打ち上げ花火を同時に見れます。

食事をしながら花火を見ることもできるので、予約は早めにしましょう。
SAということで、食事やトイレの心配はありませんので、特に女性は助かりますね。

 

駐車場がいっぱいになると規制がかかり入ることができなくなりますので、できるだけ早くに行くようにしてください。
帰りには渋滞に巻き込まれる可能性があるので、時間をずらして早めに出るなどの対策をした方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

びわ湖大花火大会は有料席が多いのが特徴です。

近くで見る方が確実に見ることが出来ますし、迫力のある花火を楽しめるのでおすすめです!

 

車で行く方は穴場スポットにも行きやすいので、人が少なく、遮るものが無い場所を探してみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

教祖祭PL花火芸術2018年の日程や打ち上げ数は?アクセス方法・穴場もご紹介!

なにわ淀川花火大会2018年の日程や花火の時間は?開催場所やアクセス方法もご紹介!

天神祭奉納花火の2018年の日程と花火の時間は?打ち上げ場所・アクセス方法は?



-お出かけ情報
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.