行事・イベント

子供連れでお花見を楽しもう!必要&あると便利な持ち物は?

投稿日:

春といえば『花見』という方も多く、毎年たくさんの方がお花見を楽しまれていますね。

中には、家族やママ友たちとお子さんを連れて花見に行こうと思っている方もいると思います。
子どもがいる場合はどんなものを持って行くと良いのでしょうか?

子どもの持ち物を準備する時どうして荷物が多くなりがちですので、必要なものだけ準備して持って行きたいと思っている方も多いと思います。これは絶対必要!というものから、あれば便利なものまで子供連れのお花見の持ち物についてまとめました!




子供連れのお花見!必要な持ち物とは?

お子さんを連れて花見に行くのであれば、昼間に行かれる方が多いと思います。
今回は、赤ちゃん~3歳くらいまでのお子さんと花見に行くときの持ち物をまとめましたので参考にご覧ください。

お花見に行く場所によっては、広場があるところ、椅子があるところなど様々だと思いますので、事前にどのようなところか確認してから準備すると良いと思いますよ!

【お花見に必要な持ち物一覧】

□レジャーシート
□食べ物
□飲み物
□ウエットティッシュ
□タオル

 

レジャーシート

お子さんが小さく、長時間花見をするよていなら必ず持って行きましょう。
場所によっては、テーブルや椅子があるところもありますが、他の方が使っていることも多いです。
ご飯やおやつを食べる時にも座って食べると思いますので、必須アイテムです!

食べ物

お弁当やお菓子などお子さんが好きなものを準備して持って行きましょう。
こぼしにくい食べやすいものがおすすめです!
子どもは良く汚しますので、できるだけ汚れづらいものがいいですね。

(お弁当なら、おにぎり、サンドイッチ、からあげ、卵焼き、ウインナー、リンゴなどが◎)

 

飲み物

お茶やジュースなどを持って行きましょう。
ジュースは飲み過ぎてしまうので、小さいパックのものがオススメです。
紙コップ入れるとこぼす可能性があるので、気をつけましょう。

ウエットティッシュ

水道が近くにないことが多いので、食事の時や手やシートが汚れた時などにサッと使えて便利です!
ティッシュよりも分厚くしっかり拭けるので、こぼしてしまった時も活躍します。



子供連れの花見であれば便利な持ち物は?

こんなものがあれば、もっと花見が楽しくなるというものや、持って行けばよかったと後で後悔しないように「あれば便利!」な持ち物をご紹介します。

備えあれば患いなし、という言葉もありますし、子どもがいると何が起きるか分かりませんので準備の参考にしてみてください。

【お花見にあれば便利な持ち物一覧】

食べる時に便利
□紙コップ・紙皿・割りばし・プラスチックのスプーン
□クーラーボックス
□保温性のある水筒
□折りたたみ椅子、テーブル
□座布団

ゴミ捨てに便利
□ビニール袋(大・小)
□段ボール

その他
□防寒グッズ(カイロ・ひざ掛け)
□固まるタイプの簡易トイレ
□着替え
□おもちゃ
□折りたたみ傘
□ベビーカー

順に説明していきますので、気になるところは要チェックですよ!

食べる時にあると便利な持ち物

紙コップ・紙皿・割りばし・プラスチックのスプーン

子どもは使わないかもしれませんが、あると便利です。
子どもに食べさせる時に使ったりします。

タオル
こぼしてしまった時、汚れてしまった時に活躍します。
1枚はあると役に立つときがありそうなので、準備しておくと良いでしょう。

クーラーボックス
春でも日中は夏のように暑い日もあります。
飲み物がぬるくなったり、食べ物が傷んでしまわないようにあると良いです。

保温性のある水筒
昼間は暖かくても、曇ってきたり、夕方になるにつれて気温が下がることも。
花見に行く日の気温によっては、温かい飲み物が必要なこともありますよ。

折りたたみ椅子、テーブル

シートの上で食事をすると、子どもはこぼしやすいです。大人でも、気をつけていてもこぼすことがあるので、子どもはさらに子押しやすいです。小さな椅子やテーブルになるような台があれば、食べやすく、こぼすことも避けられるかもしれませんよ。

座布団
シートの上に長時間座っているのはお尻が痛くなったり、冷たくなります。
また、お子さんが眠ってしまった時に下に敷いたり、枕代わりにもできますよ。

 

 

ゴミ捨てにあると便利な持ち物

ビニール袋(大・小)
花見会場や広場にはゴミ箱が設置されているところもありますが、ゴミ箱から遠ければすぐに捨てに行くことができないので、袋に入れておくと捨てやすいです。分別するためにもいくつか持って行くと良いですよ。
また、小さな袋があれば、記念に花びらを持ち帰ったりもできるので、お子さんと花びら探しをしても良いと思いますよ!

段ボール箱
段ボール箱は、行く時には荷物を入れるのに使い、机代わりにしたり、平らにすると敷物にもできるので万能ですよ!
箱の形のまま、ゴミ箱としても使えるのであると便利です。

 

その他のあると便利な持ち物

防寒グッズ(カイロ・ひざ掛け)

春とはいえ、急に天候が変わって寒くなることがあるので防寒グッズを準備していると助かります。
特にひざ掛けやブランケットは赤ちゃんがいる方は持って行く方が良いと思います。
子どもは急に寝てしまうことが多いですから、1枚は準備しておきましょう。

固まるタイプの簡易トイレ
休日などは特に花見会場のトイレは混雑しています。
子どもはぎりぎりまでトイレを我慢してしまうことがあるので、トイレの列に並んでいると間に合わないことも・・・。
そんな時には、固まるタイプの簡易トイレがあれば便利です!

100円均一ショップ、ドラッグストアなどで購入できますよ。

着替え
花見会場や広場で遊べるようなところがあれば、遊んで汚れてしまうことも。
また、漏らしてしまったり、飲み物がこぼれたりすることもあるので、念のために一式着替えがあると安心ですね。

おもちゃ
子どもは桜にあまり興味がないかもしれません。すぐに飽きてしまうかもしれないので、お子さんが遊べるおもちゃを準備しておく方が良いでしょう。
お気に入りのおもちゃや、シャボン玉、ままごと、ボール遊び、おえかきなど、お子さんの好きな遊びを準備してあげてください。

ベビーカー
花見をするところまで荷物を入れたり、お子さんが寝てしまっても眠りやすいですよ。
3歳頃のお子さんでも疲れて寝てしまうことがあり、抱っこすると両手が塞がって荷物が持てなくなるのでベビーカーがあると便利です。



子供連れのお花見は服装も考えて!

お花見のシーズンはお住まいの地域によって多少異なってきますが、大体3月末~4月中旬くらいまでです。

去年の東京の気温を見てみると、
3月下旬で、最高気温:15℃前後   最低気温:5℃前後
4月上旬で、最高気温:20℃前後   最低気温:10℃前後

参考:yahoo!天気

 

昼間は暖かくても夕方になるにつれて気温が下がります。
昼間はよく動きますし、子どもは基本的に暑がりなので薄手の長袖だけでも良いかもしれませんが、帰りには寒くなっていることが予想されます。

念のためにパーカーカーディガンジャンパーなどサッと上から羽織れるような服を持って行く方が良いと思いますよ。

 

事前にお天気や、気温などをしっかり確認してから出かけるようにしてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

子供連れでない時にも花見の持ち物の参考になると思いますよ!
全部持って行くと荷物が多くなってしまいますので、必要なものを必要な分だけ持って行くようにしてくださいね。

お子さんもお花見を楽しめるようにしっかり準備して行ってくださいね。

 



-行事・イベント
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.