行事・イベント

雛人形のそれぞれの意味や並べ方は?いつからいつまでの期間、何歳まで飾る?

投稿日:

3月3日は雛祭り、女の子の成長をお祝いする日ですよね。雛祭りといえば『雛人形』で、女の子がいる家庭は毎年飾られていると思いますが、最近ではいろんな形や大きさの雛人形があるようです。毎年飾りますが、並べ方やそれぞれの人形の意味はご存知でしょうか?また、雛人形を飾る期間についてもまとめました。




雛人形のそれぞれの意味は?

雛人形とは?飾る意味は?

3月3日の雛祭りに飾る人形のことで、節句に人のけがれを紙人形に移して川や海に流していた『流し雛』の風習から始まったものです。平安時代は紙製の人形でしたが、江戸時代に入って布製で公家の正装姿の内裏雛(だいりびな)が飾られるようになり、その後調度も増やし婚礼の様子を表すようになりました。

今では、雛人形は子どもの身代わりとされ、病気や事故などの災厄から子どもを守ってくれるものとされています。また、雛祭りは女の子の健やかな成長を願う行事とされています。

ちなみに雛人形の「ひな」とは、大きいものを小さくする、小さくて可愛らしいものという意味がありますよ。

それぞれの意味は?

雛人形はいろんな大きさ、種類のものがありますが一般的な五段や七段のものに飾られている人形についてまとめました。

男雛と女雛

お内裏様とお雛様を一対にした呼び方を『内裏雛(だいりびな)といいます。
この「お内裏様」と「お雛様」という呼び方は童謡の「うれしいひなまつり」からきているもので、本当の呼び方は「男雛」「女雛」といいます。

お内裏様:天皇陛下を表しています。

お雛様:皇后陛下を表しています。

 

三人官女(さんにんかんじょ)

三人官女は、女雛のお世話をするためのお仕えしている女性です。
食事や身の回りの世話をするために、それぞれ持っているものも違います。

どれもお酒を注ぐ道具です。婚礼の祝い酒を振る舞う役割をしているようです。
左右の二人は未婚の若い女性で、真ん中の人形だけ眉を剃りお歯黒をしている既婚女性を表しています。

 

五人囃子(ごにんばやし)

五人囃子は、能のお囃子(おはやし)を奏でる楽人です。
それぞれ手に楽器を持っており、生演奏で婚礼を盛り上げる役割があります。

まだ少年たちなので、マゲを結ばず前髪を切りそろえています。

 

右大臣(うだいじん)、左大臣(さだいじん)

右大臣、左大臣の役割は、貴族の外出時に警護のために付いているボディーガードのような人です。

本来なら大臣なので、三人官女や五人囃子より位が高いので上に座りそうですが、ボディーガードなので低い位置に飾られています。

右大臣が若者で、左大臣が白髪の人形です。弓矢を持って武装しています。

 

仕丁(しちょう)

別名を衛士(えじ)ともいいます。彼らは庶民出身の雑用係です。

お内裏様とお雛様に従える物で、日傘をかざす人、殿のはきものをお預かりする人、雨をよける丸い笠を竿の先に乗せてお供する係の人がおり、役割を分担しています。

仕丁の3人はまとめて三人上戸と呼ばれ、そろぞれ笑いじょうご、泣きじょうご、怒りじょうごを表しています。

 

雛壇に飾る道具

雛人形と一緒に飾るたんすや食器などの道具などは、女雛の嫁入り道具を表しています。



雛人形の並べ方は?

京都風と関東では内裏雛の並べ方が違う

雛壇の1番上に飾るのは、男雛と女雛ですが地域によって左右どちらに置くか変わっているようです。
代表的なものに京都風と関東飾りがあり、左右並び方が逆になります。

 

京都風

男雛が右  女雛が左

京都は公家の装いで飾ります。日本古来の左は右よりも格が高いという考えに倣ってです。(男雛から見たら左)

 

関東風

男雛が左  女雛が右

普段よく見る雛人形はこちらの並べ方が多いです。
武家中心の関東では「右の方が位が高い」とされていたことと、文明開化以降に。西洋文化が日本に入ってきて西洋スタイルに倣って皇后陛下が右に立たれていた為です。

 

男雛と女雛の両端には、ぼんぼりを飾りましょう。

 

二段目:三人官女

二段目には三人官女を飾ります。

左:加銚子(ちょうし)
中:三方
右:長柄銚子

の道具を持つような並び方で飾りましょう。

 

三段目:五人囃子

右から楽器が小さい順に並んでおり、扇、笛(ふえ)、小鼓(こづつみ)、大鼓(おおづつみ、太鼓(たいこ)となっています。

扇を持っている人形は「謡い手」なので、楽器は持っていないのです。

 

四段目:右大臣、左大臣

右側:左大臣(白髭のおじいさん)
左側:右大臣(若者)

で覚えてくだいね。

 

五段目:仕丁

向かって左側から

左:笠 (怒り上戸)
中:台 (泣き上戸)
右:傘 (笑い上戸)

の順番で飾りましょう。

 

六段目・七段目:道具類

六段目と七段目には道具類を飾りますが、飾り方に特に決まりはないようです。

六段目→小さなもの(お化粧道具、針箱、火鉢、鏡台など)

七段目→大きなもの(重箱、御所車など)

を置くとバランス良く置くことができますよ。

 

雛人形を飾るのはいつからいつまでの期間?何歳まで?

雛人形はいつから飾る?

雛人形を飾る時期は、立春(節分の翌日の2月4日頃)から2月中旬頃にかけてが良いと言われています。節分で厄を払った後に飾るということになります。

雛人形を長く飾っておきたいという方は早めに出しておくと長く楽しめますね。
遅くても雛祭りの1週間前には飾りつけを終わらせておくと良いでしょう。

特に縁起の良い日に飾るなどの決まりはないので、家族で飾りつけが出来ると楽しいと思いますので、ご家庭の都合の良い日に飾るようにしてください。

 

いつ片付けるの?

3月3日の雛祭りが終わったら片付ける地方が多いです。旧暦(4月3日)まで飾り続けるところもあるようですが、雛祭りから約2週間を目安に片付けるようにすると良いでしょう。

片付ける時期が遅くなってしまうと「嫁入りが遅くなる」「お嫁にいけない」などということを聞いたことがありませんか?これはただの迷信で、片付けがしっかりとできないとお嫁にいけない、というしつけの意味を込めての言い伝えといわれています。

雛人形を片付けをするときには、よく晴れている天気の良い日に行うようにしましょう。

雛人形の着物などに使われている生地は湿気に弱く、湿気ているときに片付けてしまうと来年飾るときにはカビやシミが出来てしまっていることがあります。雛人形は一生ものですので、大切に扱い焦って片付けることが無いように気をつけてくださいね。

 

何歳まで飾るの?

雛人形はいったい何歳まで飾るのが良いのでしょうか?

・小学生の間だけ
・娘が結婚するまで
・娘が20歳になるまで
・結婚してもずっと飾る

など家庭によって飾る年齢は様々なようで、特に決まりはありません。

雛人形を飾る意味は「子どもの身代わりとして病気や事故などの災厄から子どもを守る」「女の子の健やかな成長を願う」などです。

ということは子どものころだけ?と思いそうですが、正しくはいつまででも飾って良いです。

 

娘が結婚しても、娘の健康を願うのは親とし当然のことですので、大きくなって家を出て娘がいなくても飾る方もいらっしゃるようです。

 

まとめ

雛人形は、お雛様の婚礼の行事を表したもので、それぞれお世話をする人形、演奏をする人形など役割を持っている

・雛人形を飾るのは立春から2月中旬頃が◎特に日取りは決まっていない

・片付けは雛祭りから2週間頃の良く晴れた天気の良い日に!

・雛人形は何歳まででも飾って良い物

 

それぞれの人形の意味を理解しながら飾ると楽しいですよ。家族みんなで一緒に飾りつけや片付けを行えると良いですね。

 

関連記事

ひな祭りの由来は?飾りや食事はどんなもの?その意味は?

 



-行事・イベント
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.