ライフスタイル

話題の仮想通貨は怪しい?その仕組みと始め方とは

投稿日:

2018年初頭、一躍有名になった『仮想通貨』
やったことはなくても、その名前を聞いたことはある人が大多数だと思います。

仮想通貨というとなんだか怪しいというイメージがあったり、その一方でとてつもなく稼いでいるという人がいるという話も聞いたり・・・

あなたの周りはいかがでしょうか。
そして、実際のところはどうなのでしょう?


何かと話題の仮想通貨は怪しい?

「仮想通貨=怪しい」という印象やなんだかよく分からないという印象。
儲かるらしいと、様々なものがあると思います。

個人的に仮想通貨を実際にやっている私から言えることは
決して怪しいものではありません
ということです。

仮想通貨というのは名前が「仮想」とついているので、怖いイメージがあるのは事実なのですが、その技術はブロックチェーンという最新の技術を基盤としているのです。
これからキャッシュレス社会になっていくと言われている今の現代にはピッタリの技術なのです。

 

【ブロックチェーンとは?】

世界中に点在するコンピューターにデータを分散することで、中央集権を置かずに破壊・改ざんが困難なネットワークを作る技術である。相互に信頼関係の無い不特定多数の参加者間で、権利の移転を実現することに適している。

ビットコインに代表される暗号通貨の基盤技術として利用されており、ビットコインの取引履歴を指してブロックチェーンと呼ぶこともある。

引用:https://thefinance.jp/fintech/160113

しかし!!!
この仮想通貨。
その数がとても多いのですね。

一番有名なものがビットコイン
これはお聞きになったことがあると思います。仮想通貨の中の基軸通貨的な役割を果たしているんですね。
そもそも送金手数料の削減や送金スピードの改善のためにビットコインが開発されたのですが、その技術を模倣してさらに有能な仮想通貨がどんどん出てきているんです。

 

これをアルトコインと言います。

2018年1月、コインチェックからの盗難で一躍有名になったネムもその一つ。
何と、そのアルトコインは、その数は1000も2000もあると言われているんです。もちろんその中には偽物の暗号通貨も数多く含まれているので、仮想通貨=怪しい、危ない、インチキという話もでてくるのですね。

 

図にまとめると・・・

仮想通貨は大きく2つに分かれる

①ビットコイン
仮想通貨界の基軸通貨の役割を果たす。一番始めにできた仮想通貨。

②アルトコイン
ビットコイン以外の仮想通貨。有名なものにイーサリアム、リップル、ネムなどがある。現在では1000種類以上のコインがあると言われており、詐欺コインが多いのも事実



仮想通貨の仕組みとは?

「仮想通貨やってます」
って言いますが、意味が分かりませんよね?

一体何をやっているのって話になるのですが、やっていることはただ一つ。

「仮想通貨を買う」

これだけなんです。

仮想通貨をやっている人は、日々チャートと言われる値段を表示するグラフを見て、売ったり買ったり、もしくは持っておくと決めている人は眺めているのですね。

本当にこれだけなの?
と思われるかもですが、本当にこれだけなのです。

 

テレビや雑誌などで億り人なる人が話題に上がっていますよね。
「10万円が1億円になりました」
というあれです。

あの状態の説明をすると、確かにその時点では10万円が1億円になっているんですよ。しかし、それはその瞬間に日本円に換金した場合の話です。
チャート(つまり仮想通貨の値段)は24時間ずっと動いているので、その1億円が確定しているということはないのですよ。

ちなみに、2017年の年末に1億円を超えたと騒いでいた人が、今現在(2018年2月末)も同じように仮想通貨を持ち続けているとしたら、だいたい4分の1程度にはなっているはずです。
今あちらこちらで仮想通貨という言葉が言われだしてますが、このように仮想通貨は乱高下がとてつもなく激しいのですね。

仮想通貨は税金が高い

それならさっさと日本円に両替したらいいのに、と思うのですが、そうもいかないことが・・・。

現行の税法では、仮想通貨の税金がとてつもなく高いのです。
仮想通貨は雑所得というものに分類されるのですが、
先述の10万円が1億円になったという例で考察してみます。

日本円に替えたとすると、そのおよそ半分の5000万円超が税金としてかかってくるのです。
あなたならどうするでしょうか?
なんだか、もったいないような気もしますよね。
もう少し上がりそうだから、このまま放置しておいて、という選択になる気持ちも分からなくはないでしょう。

そんなこんなで利益確定(利確という)のタイミングを逃している人もかなりいるのです。
しかも、税金がかかってくるのは日本円に両替した時だけではないのですよ。(2018年2月末現在)

 

なんと、仮想通貨から仮想通貨に両替しても税金がかかるんです。
どういうことか説明していきますね。

(この記事内ではすべて取引手数料などを考えない)

一番有名なビットコイン 1ビットコイン100万円という価格が付いていたとします。

1ビットコイン買いました。100万円かかりますよね?
で、そのビットコインを持っていたら1ビットコインの価格が200万円にあがりました。

この時点で日本円に両替すると200万円ー100万円で100万円の利益ですね。
この100万円に税金がかかってくるんです。

ここまでは分かります。お金、即ち日本円に替えたのですからね・・・

 

しかし、この価値が200万円になったビットコインで他のアルトコインに両替する、つまりビットコインで例えばネムを買っただけなのに、そこにも税金が発生してくるんです。
それもきっちり100万円に対する税金が!

だから、多くのビットコイン投資家で確実に稼いでいると言われている人の手法は、ガチホ(ガチでホールドするの略)といって最初に仮想通貨を買っただけで何も売買せずに持っているだけというものなんです。



仮想通貨の始め方とは

2018年春現在。
物凄い注目を浴びている仮想通貨。
よくも悪くもほとんどの日本人がその存在を知ることとなっています。

ブロックチェーンの技術、そして主要な仮想通貨は間違いなく未来にも残ると言われています。

ここでは割愛しますが、ブロックチェーンの技術が発展すると、弁護士、会計士などの所謂士業も必要なくなると言われています。全ての取引、契約をネット上ですることができるのですね。
インターネット以来の革命だという専門家もいるほど、今のこのブロックチェーン、そしてそれに付随する技術はとてつもない可能性を秘めているのです。

その技術の中の一つに、仮想通貨があるという感じですかね。

 

ですので、仮想通貨を投機目的というのではなく、未来への投資、そして勉強のために少し初めてみられるのもよろしいかと思います。
少額では1000円から始めれらますので、一回分の飲み代で買ってみてもいいかもしれませんね。

 

例えば先に出たビットコイン。1ビットコインが100万円なんて手出しできませんよね(;^ω^)でも、10万円で0.1ビットコイン、1万円で0.01ビットコインというふうに購入することもできるのですよ。ですので、自分の予算の中で始めることができます。

あ、もちろん余剰資金&自己責任ですよ♪

 

その際、今の日本の状況では、『取引所』という場所を介してでないと仮想通貨を入手することができません。
一躍有名になったコインチェックもその一つです。

その取引所だけでも数多くあるのですが、何分この仮想通貨市場自体がまだ始まって間もないため、まだまだ手探りなところが多いのも事実です。

金融庁に登録している中で、いくつかを紹介しておきます。(有名なコインチェックは金融庁の登録申請中、つまり未登録だったため、日本全体が騒ぎになっている)

 

おすすめ仮想通貨取引所

Zaif(ザイフ)

剛力彩芽さんのCMで話題になっている取引所ですが、最近いくつかのシステムエラーが発生しております。しかし使いやすさと手数料、値段の安さから仮想通貨をしているほとんどの人が使っています。
登録だけでもされておくことをオススメします。

登録はこちらから↓

 

ビットフライヤー

日本で一番規模が大きく、世界にも進出している取引所。コインを販売形式で売買するので、他より少し高い。老舗であり、日本の取引所の中では信用度が高い。

登録はこちらから↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

GMOコイン

アルトコインの代表格の一つであるリップルが安値で手に入ると評判。リップルを狙っている方は登録をオススメします。

登録はこちらから↓

 

結論から言うと、取引所でも数多くのものがあるので、すべてに登録していたらきりがありません。それぞれ取引所によって扱っているコインの種類も違えば売買の値段も違うのです。

 

初心者の方はまず上記の3つくらいに登録されておいて、慣れてきたら海外の取引所などの開設も視野に入れていけばよろしいかと思います。

ちなみに著者は、

日本の取引所ではzaifビットバンク、海外ではバイナンスという取引所を使っています。

近い将来、何らかのきっかけで仮想通貨を始めたいと思った時、取引所を開設できていないと何もできません。
2018年2月末現在、昨今の仮想通貨ブームにより、取引所開設に時間がかかっているところが数多くあります。(1か月はかかると思っていたほうがいいかも・・・)

取引所開設手続きだけは無料&今すぐにできますので、少しでも興味があるという方や近未来にトライしてみたいと考えておられる方は今すぐの手続きをオススメします。

 

今一度念を押しておきますが、取引所開設手続きを行ってからでも1か月ほど時間がかかります!!!
その間に仮想通貨について詳しく知らべることもできますよ。(というかそれしかできない)その時点で、仮想通貨をやるかやらないかという判断を下すのでも全く問題はないと思われます。ほんの少しでも興味があれば登録だけでもしておいた方がよろしいかと・・・筆者も仮想通貨に参入したい、と思った時すぐに参入できず、歯がゆい思いをしました。

 

まとめ

主要な仮想通貨、そしてその根底にあるブロックチェーン技術の未来はとても明るいというニュースも数多くあります。

大切なことは仮想通貨と聞くだけで怪しいと一蹴するのでなく、どのようなことが行われているかということに興味を持ってみることだと思います。その一環で、お小遣い程度に仮想通貨を取得してみてもいいかもしれませんね。

仮想通貨、ひいてはブロックチェーン技術の仕組みを身をもって体感されることになると思います。

-ライフスタイル
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.