お出かけ情報 -Outing-

大阪まいしまシーサイドパーク【ネモフィラ祭り2019】見頃や開花状況は?アクセスや駐車場情報紹介!

投稿日:2019年3月11日 更新日:

 

 

2019年4月13日に、大阪の舞洲に新たなお出かけスポットが誕生します!

こちらでは、綺麗なブルーのネモフィラの花畑を見ることができますよ。その数なんと約100万株!関西でこれほどの数のネモフィラが咲く場所は他にないので、きっと美しい風景を見ることができると思いますよ。

 

こちらでは、大阪舞洲のネモフィラについてご紹介しています。アクセス方法や駐車場などお出かけに役立つ情報もご紹介していますよ!

 




大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラの見頃や開花状況は?

 

大阪にこの春、花のきれいな新スポットが誕生しますよ!

約100万株の「ネモフィラ」が園内を埋め尽くし、一面青の花畑を見ることができると思います。

 

 

まずは、「大阪まいしまシーサイドパーク」「ネモフィラ」について簡単にご紹介します。

 

 

大阪まいしまシーサイドパークとは?

 

「大阪まいしまシーサイドパーク」は大阪府舞洲の西に位置する場所にあるお出かけスポットです。舞洲は緑豊かな人口島です。

 

2013~2018年までは、ゆり園として有名な場所でしたが、今年からは「ネモフィラ」が咲く新スポットになります。

近くには、ゴーカート体験や、陶芸体験ができる施設もあり子供から大人まで楽しめる場所ですよ。

 

舞洲あたりには、キャンプ場もいくつかあり、少し足を延ばせばUSJにも行きやすい場所なので、オデかけするのにぴったりの場所ですよ!

 

 

ネモフィラってどんな花?

 

ネモフィラは春を彩る花の代表の一つ。白と青のグラデーションが美しい花の色が特徴です。

北アメリカ原産の一年草で、和名を瑠璃唐草(るりからくさ)と言うそうです。

 

高さは20㎝ほどで、花一つ一つも小さめで可愛らしい花ですが、たくさん咲くと一面青色のじゅうたんのようにきれいな青い花畑を見ることができるようです。

 

 

こちらはネモフィラが日本一と言われる茨木県の「国営ひたち海浜公園」のものです。こちらは約450万株のネモフィラが植えられているそうです。


 

 

大阪舞洲のネモフィラの見頃はいつ?

 

ネモフィラは春に咲く花です。

全国のネモフィラの見頃は4月~5月で、場所によって開花の時期は異なります。

 

 

大阪舞洲のネモフィラの見頃は、

4月中旬~5月上旬だと言われています。

 

 

見頃の時期にちょうど「ネモフィラ祭り」が開催されますよ。

大阪舞洲「ネモフィラ祭り」

期間:2019年4月13日(土)~5月6日(月)

 

 

 

大阪舞洲のネモフィラの開花状況は?

 

大阪舞洲のネモフィラの開花状況は、公式HP公式HPのfacebookで確認することができます。

随時更新されると思いますのでご確認くださいね。

 

 

2019年2月25日の開花状況▼
(開花第1号だそうです!)

出典:facebook

 

 

2019年 4月8日▼
(満開です!見頃ですよ)

出典:instagram

 

 

2019年4月13日▼

出典:instagram

 

 



大阪まいしまシーサイドパークへのアクセス・駐車場情報

出典:https://www.poke.co.jp/book/calendar.php?eventid=P013967

 

お出かけの参考になるように、アクセス方法や駐車場情報などをご紹介します。

 

大阪まいしまシーサイドパークの基本データ

 

住所:大阪市此花区北港緑地2丁目

電話:06-4804-5828

期間:4月13日(土)~5月6日(月)

時間:9時~17時(最終受付16時30分)

休み:無休

料金:大人900円、4歳~小学生500円

公式HPhttps://seasidepark.maishima.com/nemophila/

 

電車・バスでのアクセス方法

 

JR大阪環状線・阪神なんば線の場合

西九条駅」下車

大阪シティバス81系統
「舞洲スポーツアイランド」行きに乗車


(バスで約35分)

「舞洲スポーツアイランド」下車

 

 

JRゆめ咲線の場合

「桜島駅」下車

北港観光バス
舞洲アクティブバスに乗車


バスで約15分

「ホテル・ロッジ舞洲前」下車

 

 

Osaka Metro中央線の場合

「コスモスクエア駅」下車

北港観光バス
コスモドリームラインに乗車


バスで約20分

「ホテル・ロッジ舞洲前」下車

 

 

 

車でのアクセス方法

高速道路を利用する場合

阪神高速5号湾岸線「湾岸舞洲出口」より約5分

 

大阪市内から下道の場合

  • 国道43号線 梅香交差点を西に進み約15分
  • 南港(咲洲)方面から夢咲トンネルを通過し約5分

※カーナビで行く方は、『舞洲陶芸館(TEL.06-6463-7282)』で検索

 

 

駐車場情報

 

大阪まいしまシーサイドパーク専用の駐車場がありますので、そちらに停めてください。(有料)

 

専用駐車場情報

収容台数:1800台

時間:8時30分~17時30分

料金:乗用車700円、バス2000円、バイク自転車は無料

 

駐車場の場所はこちらを参考にしてください▼

画像:https://seasidepark.maishima.com/nemophila/facilities/

 

 

まとめ

 

関西でこれほどまで多くのネモフィラを見られる場所はありませんよ。きっと一面青色のきれいな景色を見れると思いますので、ゴールデンウィークの連休を利用してお出かけされたはいかがでしょうか?

周辺にはバーベキュー施設やUSJなどもありますので、ぜひ家族やお友達、カップルなどで行ってみてくださいね。






-お出かけ情報 -Outing-
-

Copyright© 色とりどり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.