ライフスタイル

雨の日の運転には注意!事故を起こさないために気をつけること&便利グッズを紹介!

投稿日:

雨の日の運転は視界が悪くなり、事故が多くなるといいます。
運転をよくする方でも、事故を起こしやすくなるといわれているので雨の日の運転には注意が必要なんですよ。

悲しい事故が起こらないように、細心の注意を払って運転しないといけませんが、どんなことに注意して運転すればよいのか、また雨の日の運転で役立つような便利なグッズなどをご紹介したいと思いまう。




雨の日の運転には注意!晴れの日の事故が5倍!

雨の日は、視界が悪くなるだけでなく、道路が濡れるために滑りやすくなっていることが原因で晴れの日に比べると事故が増えるという調査結果がでています。

首都高速道路株式会社の調査によると、雨天時の時間当たりの事故件数は、晴天時と比較し、約5倍も高くなっているといわれています。さらに、雨天時の夜間は視界がますます悪くなるため、深夜になると晴天時の約7倍も事故が発生してしまうのです。

引用:JAF

高速道路では、雨に濡れている道路でスピードを出していることによってスリップが起きていることが多いようです。
高速のままカーブを曲がろうとしたり、追い越そうとしたときに事故は起きやすくなっているそうです。

一般道路では、視界が悪くなるために歩行者や自転車などへの衝突が起きやすくなっています。
特に夜には周りも見えずらくなり、暗い場所では特に注意が必要になっています。

画像引用:JAF

車の運転は雨の降り始めに特に注意?!

車の運転をする時には、雨がたくさん降っていると視界が悪くなるので歩行者や自転車の「見落とし」への注意が必要ですが、雨の降り始めが特に滑りやすくなることが分かっています。

舗装されている道路に雨が降ると、道路表面の汚れやホコリが浮き上がってきて道路にオイルをまいたような状態になるといいます。そんな道を運転すると急激に滑りやすくなり、スリップ事故衝突などが起きやすくなります。

雨の日にはブレーキを踏んでから止まるまでの距離が晴れている時に比べると長くなる傾向があります。
そのため、いつもと同じように運転していると止まり切れずにぶつかってしまった、ということも少なくないようです。

 

雨の日は急加速速度超過も事故の原因になっているので、これは雨の日に限らず運転する時には注意しなければいけないことでしょう。



雨の日の運転で事故を起こさないために注意するポイントは?

雨の日の運転で事故を起こさないためには、どういったことに注意をすれば良いのでしょうか?

主な雨の日の注意点を知り、その対策を行っていくと事故を未然に防ぐことが出来ると思いますよ。

【雨の運転の注意点】

・見落とし
・スリップ

雨の日に「見落とし」を起こさないために注意すること

雨の日には、窓ガラスがくもりやすく、ワイパーが無いサイドの窓ガラスには水滴もつきやすいので視界が悪くなります。
気が付くと目の前に歩行者や自転車がいた!なんてヒヤッとするようなことも起きやすくなります。

雨の日は歩行者も傘をさしており、水たまりを避けようと下を向いている方も多くいるため車への注意が少なくなってしまう傾向があります。特に、信号機のない道路などでは急に歩行者が出てくることも少なくないので注意しましょう。
歩行者の近くを通る時には、傘への接触にも気をつけてください。

【「見落とし」を起こさないためにできる対策】

雨が降っていて視界が悪い時には、昼間でもライトを点灯させましょう。
ライトを点灯させることで、車が通っていることを周囲へ知らせることが出来ます。
歩行者や他の車もライトが点いていることで、そちらに意識を向けることができます。

・フロントガラスの曇り止めは早めにつけましょう。
曇りが取れるまでには多少時間もかかります。その間に視界が悪くなって事故が起こる可能性もあるので、早めにつけておくようにしてください。

・雨の降り始めは早めにワイパーを作動させましょう。
雨の降り始めは道路が滑りやすくなります。
早めにワイパーを作動させることで視界が悪くなることを避けられます。
周囲の状況をいち早く確認できるように視界を確保してください。

 

雨の日に「スリップ」を起こさないために注意すること

晴れの日に比べると雨の日は道路の摩擦の抵抗が少なくなるので、滑りやすくなっています。
高速道路以外でも注意が必要なので、ちょっと心がけるだけでスリップを防ぐことが出来ると思います。

【「スリップ」を起こさないためにできる対策】

・車間距離を多めにとる。
雨の日は、ブレーキを踏んでからの距離が長くが晴れの日に比べると長くなります。
いつもと同じように車間距離が短いと衝突してしまう可能性があります。
何があっても止まれるくらいの距離を開けておくと安心ですね。

・急発進、急ハンドルを避ける
雨の日は、道路のいろんな場所ですべりやすくなります。
・マンホールの蓋
・道路の継ぎ目の金属部分
・道路の白線  など

車のタイヤの4本の内1つでもスリップすると大きくバランスを崩してしまいますよ。
急発進、急ハンドルをしないことでこのスリップは避けることができますので、車の動作をゆっくり行うように!

急加速をしないように注意したり、制限速度を守ったり普段から安全運転を行う習慣をつけておくと良いですね。

雨の日の運転で役立つ便利グッズを紹介!

内窓用 曇り止めコート剤

フロントガラスなどに内側からスプレーして塗りつけるコート剤です。
しっかり曇りを取ってくれるので、曇り止めのエアコンをつけっぱなしにすることもなくなると思いますよ。

口コミ評価も良いので試してみてもよいかもしれませんね。
正しい使い方をしないと効果が発揮できないという口コミもあったので、正しい使い方でお使いください!

【商品レビュー】

グラスクリンでの磨きをしても、どうしても曇っていた愛車にモノは試しということで施工してみました。
効果抜群です。余計なエアコン操作も不要になっちゃいましたし、なんといっても乗ってすぐに視界がクリアなことは、運転の前にこれほど安心なことはありません。塗る手間もさほどではありませんし、保険の意味でも気持ちよく車に乗るという意味でもオススメですね。

引用:楽天 レビュー

商品詳細はこちら↓
曇り止め【ビュークリア 50ml】くもり止め フロントガラス 曇り対策

 

撥水&油膜取り クイックガラスコート

フロントガラスやサイドガラスに使用すると、雨の日の視界を良くしてくれますよ!
水をしっかりはじいてくれるので、商品の評価もとても良いようです。
レピートで買われている方もいるようなので、試している価値アリですよ!

商品詳細はこちら↓

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

雨の日の運転は普段以上に注意が必要です。
気をつけていても、歩行者や自転車がこちらを見ていないことも多いので、普段から安全運転を心がけてくださいね。

 

関連記事

 

 

 

 

-ライフスタイル
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.