ライフスタイル

赤ちゃんも一緒に入れる入浴剤のおすすめは?選び方や入浴の注意も!

投稿日:

 

赤ちゃんとい一緒にお風呂に入るようになると、お風呂好きのママやパパが気になるのは入浴剤ではないでしょうか?

入浴剤を入れてお風呂に入りたいけれど、赤ちゃんの肌というのはとても敏感で繊細なものなので、肌に触れるものに関しては、とても気を使いますよね。

 

いつから入浴剤を入れて入れるのかなど是非参考にし、赤ちゃんとの楽しいお風呂の時間をお過ごしください。

今回は、赤ちゃんも一緒に入れる入浴剤のおすすめを、選び方や入浴時の注意も含めてご紹介したいと思います!




赤ちゃんはいつから入浴剤を使っていいの?

赤ちゃんはいつから入浴剤を使っていいのでしょうか?

いつからなら入浴剤を使えるのか、赤ちゃんに入浴剤は必要なのか、赤ちゃんに入浴剤を入れるメリットなどをご紹介します!

 

いつから赤ちゃんに入浴剤は使える?

まず一番気になることは、いつからなら入浴剤は使えるのかということだと思います。

 

赤ちゃんを入浴剤入りのお風呂に入れ始めるのは、生後3~4ヶ月頃を目安にするといいでしょう。

それより前は、乳児脂漏性湿疹が出やすかったり、肌の機能が安定していなかったりするのです。

 

そのため、入浴剤が肌の刺激になって、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性もあるのです。

生まれたてのきれいな肌にはなるべくトラブルを引き起こさないようにしてあげたいですよね。

 

なぜ、生後3~4ヶ月頃からを目安にするといいのかというと、生後3~4ヶ月頃は、赤ちゃんの肌機能が安定し始める時期でもあるのです。

そして、新生児期から多かった皮脂の量が急激に減っていくので、肌が乾燥しやすくなっていく時期だとされています。

 

特に冬場は乾いた空気、そして夏場は冷房や汗の刺激を受けやすいので、入浴剤を使って、保湿対策をしてあげるのが赤ちゃんの肌にとってとても大切になってくるのです。

 

 

ただ、中には新生児期からでも使える入浴剤もあります!

使用時期によっては、効果・効能が変わってきます。

 

購入時は必ず、対象年齢をチェックして、自分の大切な赤ちゃんの月齢や肌の状態に合ったものを選ぶようにしましょう!

 

そもそも赤ちゃんに入浴剤は必要なの?

赤ちゃんに入浴剤は必要なのでしょうか?

不必要か必要か?どちらかといえば、必要でしょう。

 

入浴剤入りのお風呂に入れるメリットもちゃんとあります。(下記で説明します。)

デメリットは見つかりません。
あえていうなら、コストがかかることでしょう。

 

ただ入れる際に注意する点を注意すればいいだけなのです!(こちらも下記で説明します。)

入浴剤入りのお風呂に入れるメリット、入れる際の注意点をしっかりと知れば、入浴剤入りのお風呂に入れるのは赤ちゃんにとってとてもいいことだということがわかると思います。

 

赤ちゃんのお風呂に入浴剤を入れるメリットは?

では、赤ちゃんの入るお風呂に入浴剤を入れるメリットというのはどのようなことがあるのでしょうか?

調べてみたところ、このようなメリットがありました!

 

  • お風呂のお湯の塩素除去ができる
  • 肌に必要な脂分・ミネラルが奪われるのを防ぐ
  • お湯の熱さがダイレクトに伝わらないよう肌を保護する

 

 

大人の皮膚でも、(水道水)に含まれる塩素によって、肌に必要な脂分・ミネラルというのは奪われてしまうので赤ちゃんなら尚更でしょう。

アトピーや湿疹などがある場合はお湯の塩素でもピリピリと痛んで刺激になることがあります。

 

更に、大人の私たちでもお湯の熱さというのは時にとても熱く感じますよね。

赤ちゃんの場合はまだ皮膚も薄いでしょうから、熱さを大人より感じてしまうと思います。

 

入浴剤を入れることで、デリケートな赤ちゃんのお肌への刺激を少なくして保護しながら体を温めてくれるので、できれば入れた方が良いと感じます。

 



赤ちゃんも入れる入浴剤の選び方や入浴の注意点は?

 

入浴剤を入れて入浴することで赤ちゃんにメリットがあることが分かったと思いますが、どういった入浴剤なら大人と一緒に使うことができるのでしょうか?

赤ちゃんも入れる入浴剤のお選び方や入浴の注意点をご紹介したいと思います!

 

赤ちゃんと一緒に使う入浴剤の選び方?どんなものが良い?

初めて入浴剤を選ぶとなると、どんなものが良いのかなどが気になりますよね。

入浴剤の選び方、どんなものがいいのかご紹介します。

 

赤ちゃんに使う入浴剤を選ぶときは、まず香りが少ないもの。

そして、赤ちゃんの肌質や使い心地が良いものを重視して選ぶようにしてください!

 

入浴剤自体が赤ちゃんの肌の刺激にならないよう、余計な成分が入っていないこともとても重要になるのです。

余計な成分が少し入っているだけでも、肌の敏感な赤ちゃんにとっては、刺激が強くなってしまうのです。

余計な成分とは、防腐剤、保存料、香料、着色料、アルコールなどです。

 

「赤ちゃんでも使える」と記載されているものや、オーガニック系がおすすめになります。

 

ですが、赤ちゃん用でも、対象年齢は様々なのです!

 

メーカーによっても使える月齢が異なるので、あらかじめ入浴剤のパッケージやメーカーサイトなどを確認してから使用するようにしましょう。

 

また、開封してから何年も経過した古い入浴剤も避けるようにしてください。

入浴剤は、あまり劣化するような物には思えませんが、成分によっては経年劣化する可能性があります。

 

不安な場合は、かかりつけの医師に相談するか、メーカーに電話やメールで問い合わせるようにしてください。

入浴剤を選ぶポイント

  • 香りが少ないもの
  • 科学成分や余計なものが入っていないもの(オーガニックがおすすめ)
  • 赤ちゃん用のもの
  • 開封してから年月が経っている古いものは×

 

入浴剤をいれた時の入浴の注意点は?

入浴剤を入れたお風呂に入るときには、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

 

浴室で滑らないように注意しましょう

入浴剤によっては、湯船の中や洗い場が滑りやすくなるものもあります。

さらに、色付きの入浴剤で、お湯が濁るタイプは足元が見えなくなってしまい危険ですよね。

立ち上がるときには、赤ちゃんと体を密着させながら片手で支え、う片方の手は壁や湯船のふちにきちんと捕まるようにしましょう。

 

 

肌に異常がある時は医師に相談してからが安心

すでに皮膚に異常がある場合や、アトピー性皮膚炎や湿疹などの皮膚疾患の場合にはかかりつけ医に相談してから使うようにしましょう。

 

入浴剤の成分が原因で発症するケースもりますので、症状が出た場合はいったん入浴剤の使用をやめるようにしましょう。

症状がひどい場合や、入浴剤の使用をやめても変わらない場合は、必ず病院を受診するようにしてください。

 

 

入浴剤入りのお湯を誤飲しないように気を付ける

入浴剤入りのお湯を赤ちゃんが飲んでしまった場合には、キレイな水かお湯で口元をすすいであげ、体調に異変が現れないかしっかりと様子を見るようにしましょう。

何らかの症状が現れてしまった場合や、大量に飲んでしまった場合、お湯に入れた入浴剤ではなく入浴剤自体を誤飲してしまったときなどは、すぐに病院で診てもらうようにしてください!

 

 

入浴剤を初めて使用する時は少量に

赤ちゃんの肌はとても敏感です。

赤ちゃん用と書かれていたり、月齢に合った入浴剤を使用する場合でも、どんな入浴剤でも最初は入れる量を少なめにして、徐々に慣らしていくようにしましょう。

 

 

以上のことを気を付けるようにし、赤ちゃんとの初めての入浴剤入りお風呂を楽しんでください!

 

大人用の入浴剤は赤ちゃんに使ってもいいの?

大人用の入浴剤を使用する場合には成分に注意しましょう。

大人が使う入浴剤は、香料がとても強いですよね。

 

香料の強い入浴剤は赤ちゃんの肌にとって、とても強い刺激になってしまったり、赤ちゃんの気分が悪くなったりすることもあるのです。

また、発汗作用が高いもの清涼感のあるメントール入りの入浴剤などは、まだ数カ月しか生きていない赤ちゃんにとっては刺激が強すぎるのです。

炭酸ガス入りのものは、保温作用が高すぎるため、のぼせやすくなってしまいます。

これらの入浴剤は、使わないようにしましょうね。

 

大人用のものでも、オーガニックのものや「赤ちゃんも入れる」という記載があれば使っても大丈夫だと思います。

一度薄めの入浴剤でお風呂に入れてみると良いと思います。

何も異常がなければ、通常の量を入れて使えるでしょう。

 

 



赤ちゃんも一緒に入れる入浴剤おすすめ7選!!

赤ちゃんも一緒に入れる入浴剤のおすすめを7つご紹介したいと思います!

べビタブ


ベビタブ

 

価格

12錠 1200円(税抜き)
45錠 4380円(税抜き)
100錠 6480円(税抜き)

ぬるめのお湯でも湯冷めしない、赤ちゃんだけでなく親である、あなたのことも考えられて作られた入浴剤になります。

クリームを塗った時のようにうるおいが続き、ぬるいお湯で入っても身体がぽかぽになり、血行がよくなる入浴剤なのです。

 

またこちらの商品はとても高評価のもので、病院やクリニックでも使われているそうです。

病院やクリニックでも使われていると聞くと安心して使える気がしますよね!

 

 

 

口コミ

重炭酸が、とっても気持ちいいです。お肌への当たる感じが、まろやか★マイクロバブルのお湯って、じゅわぁ~として気持ちいい~★

引用:https://skincheck.yume-council.com/skincheck/bebitab/

という、とても高評価な口コミがありました。
肌へ当たる感じが気持ちいいのはとても嬉しいですよね。

 

 

WELEDA(ヴェレダ)


ヴェレダ カレンドラ ベビーバスミルク 200mL WELEDA

 

価格 税込み1900円

有機栽培農法で栽培されたキク科のカレンドラ(キンセンカ)を使用している入浴剤になります。

保湿や肌荒れ予防に効果的になります。

保温や肌荒れ予防に効果的なのは、赤ちゃんにとってとても嬉しいですよね。

 

口コミ

良い香りとは言い切れませんが、リラックス効果があります。身体が温まるし肌がスベスベするので、今度の冬もお世話になろうと決めています。

引用:https://www.cosme.net/product/product_id/2892314/reviews

良い香りかどうかは人によるのでしょうね。
リピートして使いたいほど高評価の商品です。

 

 

美杏香 美杏香浴用ハーミット 250g

美杏香浴用ハーミット 250g 【アトピー、入浴剤、あせも 湿疹】

 

価格 税込み3024円

よもぎやどくだみなどの40種類以上の植物、食品、重曹だけでつくられた無添加の入浴剤です。

赤ちゃんの体にとって、無添加というのは安心ですよね。

 

 

口コミ

今まで使った入浴剤の中では、かなり良かったです。

あまりお湯を高い温度にしていないはずなのに出てからも汗がジワジワ出てきて、ちゃんと温まってるなって感じです。

引用:https://review.rakuten.co.jp/item/1/216592_10000500/1.1/

高い温度にしていないにも関わらず、じわじわ汗が出てくるのはとてもいいですよね。

 

 

麦わらぼうし ツルツル !カモミールバスポプリ【10回分】

★楽天市場バス用品 入浴剤 部門第1位獲得★ツルツル !カモミールバスポプリ【10回分】

 

価格 税込み1620円

ハーブの女王として有名なカモミールを使用しています。

保湿、リラックス作用があるので、赤ちゃんの肌荒れ予防や夜泣きにもおすすめです。
そして、赤ちゃんにとって大切な無添加の入浴剤になります。

夜泣きにもおすすめとはとても気になりますよね。

こちらのにゅうよく剤を使うことにより、夜泣きが無くなるまたは半減するといいですよね。

 

 

口コミ

お試し10個入りを試してからのリピです。そして安眠にかかせません。

引用:https://item.rakuten.co.jp/herblife/10000188/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10001824

 

安眠にかかせなくなり、リピ買いするほどの商品のようです。
使用することにより、赤ちゃんが安眠してくれるのはとてもありがたいですよね。

 

 

 

アトピタ 薬用入浴剤 ボトルタイプ

アトピタ 薬用入浴剤(500g)【アトピタ】【送料無料】

 

価格 税込み1184円

赤ちゃんのお肌の保湿を重視した、スキンケアシリーズとして有名なアトピタになります。

こちらを使用したママの90%が満足と答える人気シリーズになります。
使用した方はほとんど満足されている商品なのですね。

 

口コミ

乾燥肌の子供達に効果ありで、実際大人も使用感がものすごく良かったのでおすすめ致します!

引用:https://www.cosme.net/product/product_id/300608/reviews/ord/rec

子供の肌にとって、とても効果抜群のようです。

 

 

花王 キュレル入浴剤 420mL

キュレル 入浴剤 本体 420mL

 

価格 税込み821円

弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリーでアレルギーテスト済みの入浴剤になります。
そのため、赤ちゃんのデリケートな肌にも使えます。

潤い成分とユーカリエキスでお風呂上がりの乾燥を防ぐことができ、さらには肌に潤いを与え、肌荒れ予防にも効果的です。

肌荒れ予防をしながら、肌に売るいを与えてくれるのはとても素敵ですよね。

 

口コミ

私も娘も乾燥肌。お風呂上がりの乾燥を少しでも緩和すべく購入。真冬はお風呂上がりにパリパリとすぐに水分がなくなるのですが、これを使用し始めてからは、急激な乾燥感はなくなりました。

引用:https://www.cosme.net/product/product_id/2887878/reviews

こちらの入浴剤のおかげで乾燥感が無くなる方が多いようです。

 

 

ドクターシーラボ 薬用メディカルエステハーバルバス 500mL

ドクターシーラボ 赤ちゃんでも安心!薬用メディカルエステハーバルバス500ml 

 

価格 税込み1944円

海洋深層水をベースに、ショウブ抽出液、センキュウエキス、トウキエキス、カモミラエキスの4種類のハーブエキスが配合されています。

あまり聞いたことのないハーブエキスですよね。

これらのエキスは、肌荒れを防ぐ薬用有効成分や水道水の塩素を中和する成分が入っているので、お湯をやわらげ、肌をすべすべに導いてくれます。

とても素晴らしい入浴剤ですね。

 

 

口コミ

入浴剤としては高いですが、香りと入浴を終えた後の疲れのとれかたが違う気がします。母親もお気に入りで定期便で購入しています。

引用:https://www.ci-labo.com/cilabo/customer/kuchikomi/00019128

 

他の入浴剤に比べると、使えの取れ方が全然違うようです。

 

 

まとめ

赤ちゃんも一緒に入れる入浴剤のおすすめ、そして選び方や入浴の注意をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

生後3~4カ月頃から赤ちゃんとのお風呂には入浴剤を入れるといいようですね。

是非参考にし、入浴剤入りのお風呂を赤ちゃんとお楽しみください!



-ライフスタイル
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.