ライフスタイル

冬の結婚式のドレス防寒対策!どんなドレスや羽織りものがおすすめ?

投稿日:2018年11月8日 更新日:

 

冬に親族や友人の結婚式に参列されるという方は、どのような服装で行こうか考えられると思います。

結婚式はフォーマルな場ですので、マナーは守りつつドレスアップして行くと良いのですが、

「冬の結婚式は寒そう」「こんなアイテムは着用していいのか?」

など疑問に思うこともあるでしょう。

 

今回は、冬のお呼ばれファッションの服装の選び方や、マナーを守って防寒する方法をご紹介したいと思います。

何度も冬に友人の結婚式にいっているので、経験も踏まえてお伝えしていきたいと思います!

 




冬の結婚式のドレスは防寒を意識したものが良い?

結婚式会場によっては防寒を意識した服装を!

冬の結婚式ですが、会場は暖房完備でとても暖かいので室内ではそれほど防寒を意識しなくても大丈夫です。

しかし、最近ではガーデンウェディングなど屋外に出て挙式をされる方も増えています。

 

披露宴は会場でも、挙式は外の緑いっぱいのところで行うということがけっこうあり、寒い思いをした経験があります。

全体の写真撮影だけ外で行うという場合も多いですね。

短時間とはいえ冬にドレスだと寒いです!

 

招待状でどこで結婚式をするかというのは事前に分かると思いますので、一度ネットでどのような場所なのか確認しておくと防寒対策も考えられると思います。

分からないようなら、新婦さんに尋ねるというのもありだと思います。(マナー違反にはなりません)

 

 

また、二次会まで参加するのであれば、帰りは遅くなることが予想されます。

夜は一段と冷え込みますので、帰る時のことも考えて防寒対策をしておく方が良いです。

 

 

冬の結婚式におすすめのドレスは?

基本的には通年使える素材のものであればOKです。

冬ですので、厚めの素材のものらしさを出せる素材のものがおすすめですよ。

 

  • ベロア
  • 厚手のジャガード
  • ツイード

 

などが冬らしさも出せるフォーマルファッションに向いています。

 

 

透け感のあるような涼しげな素材は、夏などには良いですが、冬の結婚式では寒そうな印象を与えてしまうので避けた方が良いでしょう。(実際着ている方も寒いです)

 

コットンニット素材のものもカジュアルな印象を与えてしまうので結婚式などフォーマルな場にはふさわしくありません。

 

 

冬なので、ハイネックデザインのものや、袖が長めのものもおすすめです。

ノースリーブや半袖の場合はボレロやジャケットなどの羽織りものを羽織ると良いですね。

 

パンツスタイルなら、足の露出が少ないので冬の結婚式のお呼ばれにも良いと思いますよ!

画像引用:https://dayclip.biz/dress-standard-2059.html

 

ドレスの色は?

結婚式で白色は花嫁さんの色ですので、白以外であればOKです。

どうしても無難な黒やネイビーなどを選びがちですが、会場の雰囲気が暗くなってしまうので明るめのカラーを選ぶと他の人と被ることも少ないですし、写真などでも華やかさをプラスできるのでおすすめです。

  • ピンク
  • 水色
  • ボルドー
  • 黄色
  • オレンジ
  • ベージュ
  • ブラウン
  • 深緑

などで、くすんだ感じのものはお洒落で落ち着いた印象になります。

クリスマスシーズンなどは赤・ボルドーなどがおすすめです!

 

 



 

冬の結婚式のコートや羽織りものを選ぶポイントやおすすめは?

冬の結婚式におすすめの羽織ものは?

 

袖の短いドレスの場合は羽織ものはあった方が良いです。

冬なので温かいファーを羽織りたい方もいるかもしれませんが、結婚式の挙式や披露宴などのフォーマルな場では避けた方が良いのです。

リアルファーでも、フェイクファーでも動物の「殺生」をイメージさせることから、結婚式ではNGとされています。

 

二次会など友人たちが集まるような場では着用している人もいかけますが、年配の親族もいるような挙式、披露宴では着用を避けましょう。

 

おすすめは、厚めの素材のボレロやショール、ジャケットなどが良いでしょう。

大判のストールなどもおすすめです。

寒ければ大きく広げて使うことができ、屋外に出るときには風よけなどに使えます。

 

 

 

ジャケットの場合は、袖の長さは7分くらいが良いです。

長袖は昼間の結婚式には良いですが、夜の場合は五分袖、七分袖など少し肌を見せた方が良いとされています。

 

 

 

冬の結婚式のコートは?

 

道中に着用するコートは、暖かくきれいめなものを着用しましょう。

丈は長めのものがドレスとのバランスが良く、保温性もあります。

 

素材は、暖かいウールカシミアなどがおすすめです。

 

 

結婚式場にいくのですから、ドレスに合わせてきれいめなデザインのものを選んでください。

  • 毛皮コート
  • ファーのついているデザイン

は結婚式には避けた方が良いとされています。

 

 

会場の外できるものなので、基本的にはどのようなものを着てきても良いですが、ドレスにカジュアルなデザインのものは合いませんよね。

フリースやカジュアルなダウンジャケットなどはおすすめできません。(ダウンでもきれいめなデザインにものは良いです)

 

どのようなものでも、会場に着いたらクロークに預けることができるのでアウターについてはマナー違反になることは少ないでしょう。

 

 

おすすめは、以下のコートです。

  • トレンチコート
  • チェスターコート
  • ノーカラーコート

 

 

コートの色にもマナーがある?

特に色決まりはありませんが、は避けた方が良いと言われています。

やはり白色は花嫁さんの色なので、お呼ばれしたゲストが白着ると色が被ってしまいます。

 

帰りにコートを着ているときに、新郎新婦が外までお見送りをしてくれることがあります。

その時に白いコートを着ていると色がかぶってしまうので避けた方が良いのです。



冬の結婚式のドレス防寒対策!

ドレスや羽織ものが決まったら、さらに防寒をできるように対策をしていきましょう。

マナー違反にならないドレスの防寒対策をご紹介します。

 

ストッキング2枚履き

 

結婚式では基本的には肌色のストッキングを履きます。

 

寒いからと厚いタイツや黒のストッキングを履いているかたもいますが、結婚式のお祝いの場では黒はNGとされています。

お葬式やお通夜などの「不祝儀」をイメージさせてしまいます。

 

ストッキング1枚よりも、2枚履く方が暖かくなりますので、少しは防寒することができますのでお試し下さい。

 

暖かインナーを着用する

 

ドレスでも見えないようなノースリーブやキャミソールデザインの発熱インナー(ヒートテック)があります。

それを着用するだけでも暖かさは変わるでしょう。

 

ドレスのデザインによってはインナーが見えてしまうこともありますので、ドレスに合わせて着用できそうなら着た方が防寒になります。

 

毛糸のパンツ発熱スパッツなどもありますので、そういったものを着用すれば下半身の防寒もできますね。

 

 

 

カイロを貼る

カイロは外に見えないのに体を温めることができますし、お手軽にできる防寒対策です。

足元が寒いなら足裏用のカイロがあるので、そちらを使用してください。

 

腰や肩甲骨あたりに貼ると体全体が温まりやすいのでおすすめです。

暑ければ取り外すこともできますし、便利ですよ!

 

 

ブーツを履いて行き、会場で履き替える

結婚式場は暖かくても、行き帰りの道中が寒いですよね。

結婚式ではブーツはカジュアルな印象になりフォーマルな場にはふさわしくないので、履かないようにしましょう。

 

しかし、道中は何を履いてもOKなので温かいブーツを履いていくと足首が覆えるので防寒になります。

パンプスを持参して、会場に着いてから履き替えるとOKですよ。

履いてきたブーツはクロークに預けることができるので置き場所にも困りません。

 

 

結婚式などフォーマルな場には、「かかとのあるパンプス」を履くのは基本です。

オープントゥやミュールなども良くありません。

 

  • 光沢のある布地のもの
  • エナメル素材
  • スエード
  • ツィード

などが冬の結婚式におすすめです。

 

まとめ

 

挙式や披露宴では、フォーマルな場ですのでマナーを守って服装を考える必要があります。

あくまで主役は新郎新婦ですので、目立ちすぎないように気を付けてくださいね。

 

道中ではどのような服装でもOKですので、帰りのことも考えて暖かい格好をしてでかけてくださいね。



-ライフスタイル
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.