ライフスタイル

冬の結婚式のお呼ばれにおすすめの羽織り物は?マナーを守っておしゃれにコーデ!

投稿日:2018年11月13日 更新日:

 

冬に結婚式がある方はどのようなドレスにしようかをまず決められると思います。

冬でも袖のないノースリーブや半袖のドレスでもOKですが、肌の露出を考えると羽織りものを着用した方が良いですね。

 

冬の結婚式のお呼ばれにはどのような羽織り物が良いのかをまとめました。

マナーを守りながらおしゃれにコーディネートできるように参考にしてください。



 

冬の結婚式のお呼ばれドレスに合う羽織り物のおすすめの素材は?

 

冬の結婚式の羽織り物のおすすめ素材は?

結婚式はフォーマルな式なので、ゲストであってもカジュアルすぎる服装はNGとされています。

最低限のマナーを守って服装を考える必要がありますね。

 

主役は新郎新婦の二人なので、目立ちすぎるのもいけませんがゲストもドレスアップして華やかにコーディネートするとお祝いムードも盛り上がると思いますよ。

 

ドレスにも言えることですが、羽織り物もカジュアルすぎるものはフォーマルな式に向いていないので避けましょう。

 

少し透け感があったり、光沢があるものなどがおすすめです。

  • シフォン 
  • シルク 
  • サテン
  • ベロア
  • ツイード

などが冬の結婚式の羽織りものにおすすめですよ。

 

室内は暖房完備なのでそれほど防寒を意識しなくても大丈夫ですが、結婚式会場によっては外でセレモニーを行う場合もあります。

セレモニーは短時間でも、待ち時間のことも考えると少し暖かさも考えて羽織りものを考えておくと良いかもしれませんね。

 

カジュアルな素材はNG!暖かくておすすめはカシミア

冬の結婚式であれば、暖かさを重視して羽織り物を考えたいところですが、以下のような素材のものはおすすめできません。

  • ニット素材
  • コットン素材

などは、カジュアルな印象になってしまうので暖かいのですが挙式や披露宴には避けましょう。

 

ショールなども綿やウール素材のものはカジュアルな印象になってしまうので良くありません。

 

冬におすすめなのは、カシミア素材です。

カシミアは軽くて暖かく、生地に光沢もあるので高級感があります。

大判のものは寒ければ広げて体を覆うこともできるもで冬の結婚式の羽織りものに適しています。

 

 

普段使いもできるアイテムなので、1つ持っていても良いかもしれませんね。

 

結婚式の服装にファーはNG

 

暖かい代表ともいえる「毛皮」「ファー」ですが、結婚式にはNGなのです!

 

もこもこして毛のあるものは「殺生」をイメージさせることから結婚式のお祝いの場には良くないと言われています。

フェイクファーでも毛が抜けて料理にはいってしまうことが避けた方が良いでしょう。

 

 

また、レザーなどの皮製品も良くないとされています。

 

二次会などであれば、ファーやレザーも着用されることも多くなってきていますので、親族が参加するような挙式や披露宴では着ないようにしておきましょう。

 



 

冬の結婚式におすすめの羽織り物の種類や選び方は?

 

冬の結婚式の羽織り物でおすすめの種類は以下のものです。

  • ボレロ
  • ショール(ストール)
  • ジャケット(襟付き、ノーカラー)

 

こういったものは避けましょう

  • マフラーのように首に巻くだけの細長い形のストール
  • カーディガン
  • 長めの丈のもの

これらはカジュアルな印象になり、防寒着として認識されることもあるので避けましょう。

 

 

選ぶときに、以下のことを考えて選ぶと良いと思います。

 

  • フォーマルな式に合うきちんと感のあるもの
  • ドレスに合うもの
  • 他のシーンでも着まわせるもの

 

 

フォーマルな式に合うきちんと感のあるもの

カジュアルにならないようなき陳と感のあるデザインのものを選びましょう。

フォーマル用のものを使用すれば問題なく使用できますが、普段から使用しているものを羽織る場合には、カジュアルでないデザインと見た目のものを選んでください。

 

ジャケットなどであれば、襟付きジャケット、ノーカラージャケットでもOKです。

ただし、シンプルすぎるものはビジネス感が強く、落ち着いた印象になってしまうのでアクセサリーで華やかさを出したり、ふんわりフェミニンなドレスなどと合わせるとバランスよく着こなせると思います。

 

ドレスに合うもの

 

先に決めているドレスに合わせて色や種類を決めましょう。

 

基本的には、ドレスと反対の色見のものを選ぶとバランスが良いです。

黒や紺のドレス=ベージュなど明るい色の羽織り物

ピンク、ベージュなどのドレス=黒や紺の羽織り物

このように、ドレスと羽織りものが同系色にならなければバランスよくコーディネートできます。

 

 

特に注意が必要なのが、

『黒ドレス × 黒色の羽織り物』

全身真っ黒で「喪服」をイメージさせてしまうことから結婚式には良くないのです。

 

 

反対に全身白色や白に近い色でコーディネートするのも良くありません。

やはり白色は花嫁さんの色です。

 

写真撮影などでは、ぱっと見白色に見えてしまうような色は避けましょう。

 

 

他のシーンでも着まわせるもの

 

結婚式以外でも着用できるようなものであれば、なお良いでしょう。

 

ジャケットやボレロであれば、ホテルのディナーやちょっとしたお呼ばれの時にも着ることができます。

ショールなども普段のおでかけの時にも使うことができますね。

 

羽織り物は、使いまわしやすいカラーを選ぶと他のドレスなどとも合わせやすいですよ。

  • ネイビー
  • グレー
  • ベージュ

などの落ち着いた色味がおすすめです。

 

 

冬の結婚式の羽織り物の長めの袖がおすすめ!

 

羽織りものは肌の露出を少なくし、防寒の意味もありますので冬の場合は長めのものがおすすめです。

おすすめは、5分袖、7分袖くらいです。

 

長袖でもOKですが、腕が全部隠れてしまうことから昼の結婚式に良いでしょう。

夜の結婚式なら、少し肌を見せた方が良いですよ。

 



冬の結婚式のお呼ばれゲストにおすすめの羽織りもの4選!

 

価格:6890円

 

 

価格:5470円

 

 

価格:8618円

 

 

価格:3980円

 

まとめ

 

基本的には防寒は必要ありませんが、季節感が感じられるような素材や丈にするなど少し変えてみると良いと思います。

 

ぜひ選び方を参考に素敵なお呼ばれコーディネートを考えてくださいね。

 

関連記事

冬の結婚式のお呼ばれドレスのおすすめ12選!選び方やおすすめの色は?

冬の結婚式のドレス防寒対策!そんなドレスや羽織りものがおすすめ?

 



-ライフスタイル
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.