行事・イベント

箕面大滝2018年の紅葉情報!見頃や楽しみ方は?アクセス・駐車場情報も!

投稿日:

 

そろそろ鈴虫の鳴き声が聴こえていますね。

今回は秋を楽しむ紅葉スポットとして箕面大滝を紹介します。

箕面ってなんて読むかわかりますか?「みのお」と読みます。

関西人ならわかりますが他府県の方は読めない方が多いと思います。

 

「日本の滝百選」に選ばれている箕面大滝の紅葉情報、見所などたくさんご紹介しますので、是非最後までお読みください。

 




箕面大滝2018年の紅葉の見頃は?

箕面大滝とは?

箕面大滝は大阪府で2番目に人気の紅葉スポットです。

毎年200万人もの方が訪れる、美しく迫力ある滝で落差が33mあり大滝と呼ぶのにふさわしい滝です。

 

古くから紅葉の名所として知られていて滝から落ちる水の姿が農具の「箕」に似てることから箕面大滝と呼ばれるようになったそうです。

地名の由来ともされています。

 

 

箕面大滝2018年の紅葉の見頃は?

紅葉の見頃は、例年11月中旬〜12月上旬です

箕面大滝の紅葉はゆっくり色付いていきます。

 

紅葉する木の種類は、 イロハモミジ、オオミモジ、アカシデ、コナラ

ですが今年は災害的な猛暑だったのでやや紅葉の始まりが遅れるかもしれないです。

 

ただ寒暖の差があればあるほど紅葉は綺麗に色づきますのでインスタ映えする紅葉ショットが撮れますよ。

期待してくださいね!



箕面大滝の紅葉の見どころ、口コミは?

 箕面大滝の紅葉の見所は?

箕面大滝の紅葉

 

何と言っても箕面大滝周辺の紅葉です。

 

真っ赤に染まった紅葉の中にオレンジ色が混ざって綺麗ですね。

滝から落ちる水の音と自然が織りなす彩模様、素晴らしい景観です。

 

マイナスイオンをしっかりと浴びることのできる癒しのスポットでもあります。

 

瀧安寺の紅葉

 

まずは瀧安寺の紹介します。

瀧安寺は宝くじの発祥となっていて、もともとは箕面富と呼ばれ400年前から続いていました。

宝くじは江戸時代は人の心を乱すものとして禁止されていましたが、箕面の富くじとは「福森」としてお守りのような物だったのです。

現在は「大福御守」として1000円で販売されています。

瀧安寺の本堂に祀られている弁財天は日本最古であると伝えられています。なんだか御利益がありそうですね。

 

瀧安寺の紅葉は11月上旬になるとイロハモミジやカエデの木々と彩りと箕面大滝の雄大さ、一度で2度素晴らしい光景に出会えます。

紅葉の彩り色は赤と言うよりはボルドーカラーですね。

神社の灯篭の朱色とボルドーカラーのコントラストが綺麗ですね。

 

 

一目千本の紅葉

箕面大滝の穴場が「一目千本」です。

目の前に広がる紅葉はその名の通り「一目で千本の紅葉」です。

 

滝道から少しそれた坂道から見える景色は、紅葉はもちろん、山々の紅葉が重なり合い日本の紅葉の神髄がここにアリですね。

とても美しく目を奪われます。

画像引用:https://blog.goo.ne.jp/minoonomori-8/e/d9674b5e611dfb6393e8744ec1029252

 

紅葉祭り

紅葉の季節になると明治の森箕面国定公園もみじまつりがあります。

箕面大滝は明治の森箕面国定公園の中にあります。

色々なイベントがあります。

 

日時:2018年11月1日(木)~30日(金)

問合せ先:箕面 交通・観光案内所(072-723-1885)

 

 

公園の野点(のだて)では、紅葉の時期に公園を訪れた人に箕面のゆずを使った饅頭とお茶を振舞ってくれます。

また茶器の一部に「箕面焼」を使用しています。

画像引用:http://www.mino-park.jp/e86824.html

 

場所:瀧安寺前広場

主催:箕面市茶華道文化連盟、箕面市観光協会

定員:各日1000人限定

料金:大人400円、子供300円

昨年の情報ですが、こちらに詳細が載っています。
箕面公園 公式サイト

 

箕面観光ボランティアガイド オープンハイキング

箕面駅を出発し、紅葉シーズンの公園内を箕面観光ボランティアガイドがご案内してくます。

いろんな説明を聞きながら紅葉を見ることができるので、箕面の紅葉について知らない方におすすめです。

コース:当日ご案内します

集合:阪急駅前集合

参加費:無料(当日受付)

 

 

紅葉ライトアップ

画像引用:http://www.mino-park.jp/e120466.html

 

箕面公園内で紅葉をライトアップし、昼間とは違う幻想的な紅葉を楽しめます。

場所:箕面公園内 昆虫館前から瀧安寺(瑞雲橋付近)まで

 

これらのイベントの日程はお出かけ前にホームページで確認して頂くか観光協会にお問い合わせ下さい。

紅葉の色づきなどの情報も配信されていますよ!

箕面市観光協会

 

 

箕面大滝の紅葉の口コミ

以下のような口コミがありましたよ。

 

  • 駅から遠いが行く価値あり!
  • かなり近くまで寄ることができるので実際の落差以上に迫力がある。
  • 阪急箕面駅から歩いて1時間弱、マイナスイオンを感じられます。
  • 滝は壮大で美しい!おススメです。
  • 運が良ければ最近見られなくなった猿の群れに会えます。

 

口コミの多くは滝までの距離がどれくらいなのかという情報が多く、1時間かかった、40分で行けたなど色々です。

美しい紅葉を楽しみに、時間を気にせずゆっくりできる時にウォーキングを楽しみたいですね。



箕面大滝の紅葉おすすめポイントや楽しみ方は?

駅から滝道をハイキング!

駅からの滝道には、

  • 緩やかな坂が続く舗装された道
  • 舗装された道の途中から行く道のハイキングコース

と2つあります。

 

箕面公園の面積は、83、8haで公園の入り口から箕面大滝まで続く滝道です。

箕面川の渓流の沿って約2、7kmの道のりは「森林浴の森100選」に選ばれていて最高の森林浴を浴びなら大滝までの滝道のウォーキングを楽しめます。

ハイキングコースがたくさんありますので行くメンバーや体力にあったコースを選んでくださいね。

 

代表的な散策コースを紹介します。

  • 桜道(一の橋~桜広場~野口英世像)
  • 望海道(紅葉橋~望海展望台~府道・豊中亀岡線)
  • 天狗道(楓橋~姫岩~中千本休憩所~戻岩橋)
  • 地獄谷道(天狗道分岐点~府道・豊中亀岡線)
  • 風呂ケ谷道(天狗道分岐点~風呂ケ谷口)
  • 雲隣台道(風呂ケ谷口~雲隣展望台~府道・豊中亀岡線)

参考:箕面市観光協会

 

今年は台風が多かったのでもしかしてと思い観光協会に確認を取ったところ残念ながら台風21号で倒木などがあり舗装された道は瀧安寺までしか行けないそうです。(2018/9/10確認)

紅葉の季節まではまだ少し時間があるのでお出かけの際は観光協会にお問い合わせ頂くか、観光協会のホームページで確認してからお出かけください。

箕面市観光協会

 

カフェでの休憩も楽しもう!

ウォーキングに疲れたらカフェで休憩したいですね。

美味しいランチ、スイーツどんなカフェがあるか楽しみです。

 

駅から大滝に向かうまでには、いくつかのカフェやレストランなどがありますので、途中で立ち寄りたいスポットの一つです。

 

 山本珈琲館

山本珈琲館はオープンテラスが30席もあるカフェです。

開放感溢れるテラスで美味しいコーヒー飲みながら暫しの休息をとるのも良いですよ。コーヒー好きの方には特におすすめのカフェです。

 

ドリンクメニューにフレッシュジュースやクリームソーダがあるので小さいお子さんも一緒に休息できます。

詳細はこちら⇒山本珈琲館

 

 

カフェ&ギャラリーゆずりは

一汁二菜 「うえの」箕面店に隣接されているカフェです。

しっかり食事をしたいときは「うえの」で、少し休憩をしたい時は「ゆずりは」でお茶するのもいいですね。

とても景観のいいカフェです。

 

詳細はこちら⇒うえの・ゆずりは

 

 

山帰来

とても眺めのいいレストランです。

お宿と併設されていて目的にあった遊び方ができます。

お宿に泊まって紅葉を楽しむのも良し、茶屋としてスイーツを楽しむのも良しプランを立てる時楽しみが増えてワクワク感が止まらないです。

 

詳細はこちら⇒山帰来

 

 

もみじの天ぷらを食べよう

まずはもみじの天ぷらの由来を紹介します。

歴史は1300年前からあります。

修験道場だった箕面山、白衣に錫杖、ホラ貝で修行していた山伏が滝に映える紅葉の美しさを称え菜種油で天ぷらを作って旅人に振る舞ったのが「もみじのてんぷら」の始まりと言われています。

現在のもみじの天ぷらは製法や味に改良されたものです。

 

天ぷらというとおかずっぽい響きですがおかずではないです。

紅葉の葉を「天ぷら」にしたものでほんのり甘く、香ばしく食べやすいお菓子です。

観光で箕面大滝にこられた方は「もみじの天ぷら」を食べながら散策されている方が多いです。

 

 

箕面でライトアップも楽しもう

画像引用: http://www.mino-park.jp/e136583.html

 

今年のライトアップ情報の詳細はまだ発表されていません。

公式サイトでは、「ライトアップは秋に開催予定」と発表されているので、今年も昨年同様に行われると思いますよ。

箕面公園 公式サイト

 

 

昨年は、昆虫館前~瀧安寺あたりが11月中旬からライトアップされましたよ!

大滝のライトアップはありません!

 



箕面大滝の紅葉!アクセス方法、駐車場は?

箕面大滝へのアクセス方法

交通アクセス

【電車】阪急箕面線箕面駅から徒歩40分

【車】名神高速道路茨木IC・吹田ICから約30分(箕面駅前)

 

紅葉シーズンは人がたくさん来られます。
見頃を迎える土日の休日などは車が渋滞するほど人が多くなるという情報もありました。

観光協会も、公共の交通機関を利用して来るように勧めていますよ。

 

夏の台風の影響で、箕面駅から歩いて大滝までは現状では行けませんので、お出かけの際にお問い合わせください。

歩いて行けない場合は大日駐車場を利用しないと大滝まではたどり着きません。

(2018年9月の時点では箕面駅から龍安寺までしか歩いて行けません)

 

箕面大滝周辺の駐車場は?

箕面大滝周辺の駐車場についてご紹介します。

 

箕面大日駐車場

住所:大阪府箕面市箕面1656付近(箕面大滝から徒歩10分)

有料営業日:※秋は10月27日~12月9日まで毎日利用可能

営業時間:平日9:00~17:00、土日祝8:00~17:00

収容台数:70台

駐車料金:普通車1回1000円、大型バス1回3000円

 

※1番近くの駐車場は、大日駐車場です。

箕面大滝から徒歩で10分の場所にあります。
紅葉シーズンは大変混み合いますので駐車場に到着まで時間がかかりますので時間には余裕を持ってお越しください。

 

 

市営箕面駅前第1駐車場

住所:大阪府箕面市箕面6-4-10

収容台数:285台

駐車料金

8:00~20:00 30分100円
20:00~8:00 60分100円

※最大料金1600円

 

※箕面駅近くにある駐車場です。
駅近で駐車台数も多く便利です。

 

市営箕面駅前第2駐車場

住所:大阪府箕面市箕面5-12-67

収容台数:281台

駐車料金

8:00~20:00 30分100円
20:00~8:00 60分100円

※最大料金1600円

 

※箕面駅から比較的近くにある駐車場で、駐車台数も多いです。

 

 

 

箕面大滝のお問い合わせ先(箕面公園)

箕面大滝のお問い合わせは、「箕面公園」にして下さい。

 

入園料金:無料

住所:大阪府箕面市箕面公園

お問合せ:

072-723-1885 箕面 交通・観光案内所
072-721-3014 箕面公園管理事務所

 

 

備考

公共交通機関の利用を推奨。

11月の土・日・祝日は箕面ドライブウェイ(府道43号線府道豊中亀岡線)の渋滞を緩和するため、一部区間で一方通行規制が実施される予定です。

 

 

まとめ

 

今年は大きな台風がたくさん来たため箕面駅から滝道をハイキングをしても大滝までは行けないです。

観光協会に問い合わせてもはっきりしませんでした。

 

しかし、車では大滝まで行けるので紅葉は見られますよ!

自然災害には勝てませんが綺麗な紅葉は見せてくれます。

紅葉の時期まで皆様もう少しお待ちくださいね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。



-行事・イベント
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.