行事・イベント

七五三の髪飾りを手作り!3歳・7歳におすすめな簡単な髪飾りの作り方!

投稿日:

七五三は、男の子は3歳・5歳、女の子は3歳・7歳に行う成長のお祝いですね。

お子さんが健康に大きく成長したことに感謝し、記念に写真を撮ったり、神社にお参りに行く方も多いでしょう。

 

せっかくの七五三のお祝いですので、愛情のこもった手作りの髪飾りを作ってお祝いしたい!という方もいらっしゃると思います。

手作りなら、自分の好みのものが作れますし、コストも安く抑えることが出来ます。
また思い出の品にもなりますので、ぜひ女の子のお子様に作ってあげて下さい!

 

こちらでは、女の子の着物に合う七五三の髪飾りの作り方をご紹介しています。
ぜひ、参考に作ってみてくださいね。




七五三の髪飾りの種類や選び方は?3歳・7歳のおすすめは?

七五三で着物を着て和装をされるなら、髪飾りにまでこだわりたいですね。

和装は全体のバランスがとても大切だとされています。

 

和装の小物を選ぶ時には、、着物の柄に使われている色を取り入れると全体的にまとまりのあるバランスのとれた印象になります。

 

反対色すると、髪飾りが映えてメリハリのついた印象になりますよ。

 

 

髪飾りの色やデザインによって印象が大きく分かってきますので、どのようなものを使用するのか他の方の写真などを参考にして決めると失敗が少ないと思いますよ。

 

七五三の髪飾りによく使われるものをご紹介します。

 

つまみ細工

「ちりめん」という和小物によく使用される生地を使用して作っている飾り。

画像のような花びらの先が丸くなっている『丸つまみ』や、先が尖っている『剣つまみ』があります。

パールやビーズなどが中央に装飾されていて、七五三、成人式、結婚式などで使用されることが多い飾りです。

 

リボン飾り

「ちりめん」などの和の生地を使用して作られたリボンの飾りは七五三の女の子にぴったりです。

先ほどの「つまみ細工」と組み合わせてあるデザインのものも多く、可愛らしくて華やかな印象になります。

 

カチューシャ

髪が短いお子さん、髪が少ないお子さんにおすすめのがカチューシャです。

和の生地を使っているものなら着物にも合います。

 

かのこ・ちんころ

和装の髪飾りでよく使用されます。

細い方が「ちんころ」、太い方が「かのこ」といいます。

先に結んで形を作ってから、Uピンなどで髪に固定したり、結った髪の間に通してかた結ぶという使い方があります。

和を強調できるアイテムですよ。

 

 

七五三で3歳におすすめの髪飾りの種類は?

3歳の女の子の場合は、まだ髪が細くて柔らかい子どもが多いので、髪をまとめてもボリュームが出ないこともあります。

また、髪の長さも短いお子さんもいらっしゃると思います。

 

髪の長さや量にもよりますが、3歳のお子さんの場合は

  • ピンどめタイプの髪飾り
  • カチューシャタイプの髪飾り

がおすすめです。

 

かんざし、コームの髪飾りはうまく付けられない可能性がありますよ。

 

 

七五三で7歳におすすめの髪飾りの種類は?

7歳になると髪も長くなり、しっかりとしてくるので髪をまとめた時にもボリュームを出すことができます。

3歳の女の子のように使えない飾りはないと思いますので、着物の雰囲気に合わせたり、お子さんの好みで選ばれると良いでしょう。

 

「かのこ」「ちんころ」を使用すると少し大人っぽい印象にまとまります。

3歳の時に可愛らしくお花やリボンの飾りを使ったなら、別のものを使用するのもせっかくの記念なので良いかと思います。



七五三の可愛い髪飾りの作り方【お花つまみ細工】

お花のつまみ細工の髪飾りは七五三にピッタリ!

一見難しそうに見えますが、基本的な布の折り方が分かれば、あとは同じ工程の繰り返しになります。

100均の材料だけで作ることができますよ!

 

つまみ細工作りに必要な道具・材料

必要な道具や材料は以下のものになります。

必要な道具

  • ボンド
  • 裁ちばさみ
  • ピンセット
    (細かい作業なのであると便利)
  • 手を拭く濡れタオル
  • クッキングシート
    (ボンドを乾かすのにあると良い、無ければビニール袋をカット)

 

必要な材料

  • ちりめん(3㎝×3㎝)8枚
  • ビーズやパールなど
  • 丸く切った厚紙

ちりめんは、100均や手芸屋さんで買えますよ!

(今回のものは100均で購入しました)

 

つまみ細工の作り方

①土台になる丸い厚紙にボンドを付けてちりめんを貼り付ける(両面)

 

②丸からはみ出している余分な布をハサミで切る

 

③花びらを作っていく

正方形の布を三角に折る。
ボンドを少量つけて動かないように固定する(白い丸の部分にボンド)

 

④三角を2回折る

 

⑤写真のよう折ってボンドをつけて丸い土台に貼り付ける

 

⑥あと5枚も同じように作って貼る

 

⑦形を整えてボンドを乾かす

ピンセットを使うと整えやすいです。

 

⑧真ん中にボンドをのせてパールやビーズなどを置く

 

ちりめん細工完成!!

 

乾いたらピンどめやリボンなどの髪飾りにボンドやグルーガンなどで固定しましょう!

 

同様の作り方で紐に飾り付けることもできますよ!

  ↓ 

こちらの紐の長さは1本25cmです。

 

 

動画で作り方を見たいという方はこちらを参考にしてください↓↓

 

パッチン止めにしたい方はこちらを参考にしてください↓↓

 

 

大ぶりなつまみ細工です。
存在感も大きいので、これ一つで髪飾りはOKですよ!

 

ダリアっぽい花にしたいなら「剣つまみ」が良いですよ。
花びらの色を変えていくのも可愛いです。
時間はかかりますが、挑戦してみてください!



七五三の可愛い髪飾りの作り方【リボンの髪飾り】

和の柄の布やちりめんなどを使って作ると七五三の着物にピッタリの髪飾りになりますよ。

リボンにちりめん細工をつけると豪華な髪飾りになるのでおすすめです!

ボンドで貼り合わせていくだけで作ることができるので簡単です。

 

リボン髪飾りに必要な道具・材料

必要な道具や材料は以下のものになります。

必要な道具

  • ボンド
  • 裁ちばさみ
  • 手を拭く濡れタオル
  • クッキングシート
    (ボンドを乾かすのにあると良い、無ければビニール袋をカット)

 

必要な材料

  • ちりめん20㎝×22㎝ 2枚
  • 15cm×4㎝
  • 紐25㎝ 2本
  • ちりめん細工
    (つけた方が可愛いです)

大きなリボンにしたい方は、大きな布を準備してください。

今回は1枚はガーゼ生地を使って作ったみました。

2枚とも和柄のものやちりめんにする方が統一感があって可愛く仕上がると思いました。

 

リボン髪飾りの作り方

①布をボンドで貼り合わせて長方形の筒状にする

 

 

②中心に向かって貼り合わせる

 

③折り目を付けてボンドで固定する

 

④同じものをもう一つ作る

 

⑤リボンを2つ組み合わせる

 

⑥布で固定する

端がほつれないように、内側に少し折り込みます

後ろをボンドで固定します

リボンだけならここまでで完成!!

 

 

ビーズ、パール、ちりめん細工などを付けるとと可愛いですよ。

ボンドで紐を固定します。

ちりめん細工をボンドで貼ります。

裏面にボンドで紐を貼るとより可愛く仕上がります!

 

作り方のポイント!

リボンやちりめん細工などのパーツはボンドでも貼り付けられますが、強くひっぱると取れてしまう恐れがあります。

しっかりと作りたいなら、パーツを糸で縫いつけたり、グルーガンなどを使って貼り付ける方が強度がでます!

 

 

動画で作り方を確認したい方はこちらを参考にしてください↓↓

 

大きなリボンを髪に付けたいなら、こちらの「はいからさん」リボンも可愛いですよ。

 

紐を使っても着物に合う髪飾りが作れますよ。

 

タッセルを付けるのも可愛いですよ!
作り方はこちらを参考にしてください↓↓



七五三の髪飾りの手作りの参考に!髪飾りのデザイン

 

画像引用:https://minne.com/items/2530345

市販のカチューシャに大きさの違うちりめん細工を付けると華やかな髪飾りになります。

 

 

リボン・紐・つまみ細工を組み合わせると豪華な飾りになります。

 

 

画像引用:Instagram

100均などに売られているクリップにボンドやグルー含で貼り付けると作れます。

 

 

画像引用:Instagram

無地と着物に合わせた布を使って作ると、きっと着物にぴったりの髪飾りになりますよ!

 

 

画像引用:Instagram

Uピンなどに貼り付けると、ヘアスタイルに合わせて自由に髪に飾り付けることができます。

 

 

画像引用:Instagram

和の雰囲気が出ている髪飾りです。
ファーがポイントですね!

 

 

画像引用:Instagram

小さなリボンが可愛いですね。
小ぶりな髪飾りは髪型が華やかならおすすめだ思います。

 

 

画像引用:Instagram

帯の黄色に合わせたリボン。
帯のようなしっかりとした生地で作られておりゴージャスです。

 

 

画像引用:Instagram

シンプルな和柄ですが、とても可愛いですね。
同系色にまとめると上品です。

 

 

画像引用:Instagram

オーガンジーのリボン+つまみ細工の組み合わせも可愛いですね!
パールも合います。

 

まとめ

七五三の着物に合わせて手作りの髪飾りを作られると、お子さんも喜ばれると思いますよ!

100均の材料だけで作れるので、1000以下で可愛い髪飾りが作れますので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

今回、私は初めて「つまみ細工」を作りましたが意外と簡単に作れるのに驚きました。
沢山つくると豪華な髪飾りになると思いますので、ぜひ作り方を参考に作ってみてください。

 

関連記事

七五三の母親の髪型!着物や洋装におすすめのミディアム・ロングのヘアアレンジ紹介

七五三の母親の髪型!着物や洋装におすすめのショート・ボブのヘアアレンジ紹介!

七五三の衣装で女の子に袴を着せるのはおかしいの?袴を着せたい場合は?



-行事・イベント
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.