年間行事

正月の鏡開きはいつ?由来や方法は?

投稿日:2017年11月1日 更新日:

 

正月になると鏡餅を飾りますよね。正月の間、鏡餅が年神様の居場所になっているのはご存知でしたか?
正月が終わるとその鏡餅を食べる『鏡開き』があります。鏡餅を食べることは縁起が良いことなので、ぜひ食べて頂きたいものです。

今回は、いつどのように鏡開きをするのかなどをまとめました。




正月の鏡開きはいつ?

鏡開きとは?

正月に神や仏に供えた鏡餅を下げて食べる、日本の年中行事です。
神仏に感謝し、無病息災などを祈って供えらえた餅を頂き、お汁粉や雑煮などで食べられます。

お正月の間、鏡餅は年神様の居場所になっていますが、松の内の間は飾っておき、松の内が過ぎると下げて餅を食べ、年神様をお送りします。
鏡餅には、年神様の魂が宿っているとらされるため、鏡餅を食べることでその力を授けてもらい、1年の家族の無病息災を願います。

鏡餅はただ飾るだけでは意味がなく、開いて食べるからこそ、その力がいただけるのです。

 

鏡開きをするのはいつ?

松の内が終わったら鏡開きをするとお伝えしましたが、『松の内』という言葉はご存知でしょうか?
松の内という言葉は正月に使われる言葉ですが、聞きなれない方も多くなってきているようです。

松の内とは、玄関前に門松が飾られている期間のことを指しており、お正月飾りを片付ける期間として使われています。

この期間は地域によって異なり、
関東地方では、1月7日
関西地域では、1月15日

とされていますが、地域によっては10日のところもあるようです。

 

鏡開きをする日は、

松の内を1月 7日までの地域 …11日

松の内を1月15日とする地域…15日

※地域によっては20日に鏡開きをするところもあります

これは毎年変わるものではなく、どの年もこの日にするようです。

 

関東と関西で鏡開きの日にちが違うのはなぜ?

昔は、松の内は元日から1月15日とされており、1月20日に鏡開き月行われていました。

しかし、徳川家光が4月20日に亡くなったことがきっかけに、関東地方では20日は忌日として避けるようになり、鏡開きの日も20日から11日に変更されました。それに伴い松の内の日も早くなりました。

しかし、関西の方では徳川幕府の力が強く影響していなかったので、そのまま20日に鏡開きをするところも多く存在しています。

 



鏡開きの由来は?

鏡餅は平安時代には存在したようですが、正月に供えられるようになったのは室町時代以降のことだと言われています。

鏡開きは江戸時代の初期に武家の間にひろがっていき、昔の武家では、お正月に男性は兜(かぶと)や鎧(よろい)に供えた具足餅、女性は鏡台に供えた鏡餅をお供えしていました。

鏡は昔、青銅製で丸い形をしており、神様が宿ると考えられ、神事に使われていました。

年神様にお供えしていたお餅を刃物で切るのは切腹を連想するので縁起が悪いとされ、手や木槌などで割ることにしました。
「割り」という表現は縁起が悪いということで、縁起の良い末広がりを意味する「開く」という表現に変えられ、『鏡開き』といわれるようになりました。

 

鏡開きの方法は?どんな食べ方がある?

鏡開きの方法にはマナーがある

鏡開きをするときにはマナーがあります。
それは、包丁などの刃物で鏡餅を切り分けることです。

年神様にお供えしていたものに刃を向けるというのは大変失礼ということと、丸い鏡餅を切るのは切腹を連想させるため縁起が悪いとされています。

実際に鏡餅を開くときは、固くて結構大変なんですよ(^_^;)

2つの方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

①鏡餅を木槌(金槌)で割る

こちらは昔からの伝統的な割り方です。

まずは、鏡餅を天日干しにして、乾燥させてから叩きます。
真空パックやプラスチックで包まれている鏡餅を飾られている方は、はずしてから天日干ししてください。

しっかり乾燥していないと割りずらいですよ。

叩く時には、初めは力を入れず少しずつ叩き、日々をいれていくと割れやすいです。

 

②鏡餅を水に浸す

乾燥しているのに割れない時には、逆に水に浸して柔らかくして手でちぎる方法もあります。

お餅を半日ほど水に浸してつけておきます。水に浸けておくと水を吸ってやわらかくなるので、手でちぎってください。

それでもかたくて小さく出来ないというときには、湯せんしたり、電子レンジで温めるとさらにやわらかくなりますよ。
お餅が溶けたり、膨らみすぎないように様子を見ながら時間調節してください。

 

鏡開きしたあとのお餅の食べ方は?

鏡開きが終わったらお餅を食べますが、縁起物なのでそんなにたくさん食べなくても一口、二口くらい食べれば良いと言われています。

お餅をそのまま食べても美味しくないので、お汁粉やお雑煮で食べると良いです。

 

鏡開きしたお餅は固くなっていることが多く、カビが生えていることもあります。カビの部分は取り除くと食べられますよ。

固くて噛みきれないようなお餅は揚げ餅にするとおかきのようになり美味しいですよ。せっかくの縁起物なので最後まで食べたいという方は試してみても良いかも思います。

 

切り餅で作るおかき


Cpicon 切り餅で作るおかき。 by ラビー

■材料

切り餅  5枚分
塩    大さじ1
砂糖   小さじ1と1/2
サラダ油(揚げ油) 適量

 

■作り方

1、切り餅は半分の薄さに切り、1.5センチ四方に切る。(だいたいでOKです)
2、切ったお餅はザルなどの上に乗せて(できれば寒風にさらして)5〜7日ほど乾燥させる。
3、 サラダ油を温めて、乾燥した切り餅を揚げる。温度が高いと焦げてしまうので低い温度でじっくりと揚げる。
4、良い色に揚がったら、キッチンペーパーなどの上で油を切る。そして塩・砂糖を合わせたものと共にビニール袋に入れてシャカシャカと振ればできあがり

 

 

 

まとめ

・鏡餅は飾るだけでは意味がない!食べることで年神様の力をいただけ無病息災を祈れます。

・鏡開きをするときに刃で切るのはNG!叩き割るか、水に浸してちぎりお餅をいただいてください。

 

正月に飾った鏡餅は食べてこそ意味があるので、家族みんなでいただき無病息災を祈願してくださいね。

 

関連記事  正月太りの原因は?予防やリセットするための方法は?

七草粥に入っている春の七草は?春の七草の意味や効果、七草粥の作り方



-年間行事
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.