ライフスタイル

バーベキューの野菜の切り方はや食材ごとの下ごしらえ方法は?

投稿日:

バーベキューといえばお肉がメインになることが多いですが、野菜もバーベキューには欠かせないですよね。

バーベキューに使いやすい野菜は何種類かありますが、事前に切って下ごしらえをしておくことで早く焼けたり、食べやすくなりますよ!

基本的な野菜の切り方や下ごしらえの方法をまとめましたので参考に準備してくださいね。



バーベキューで火の通りづらい野菜の切り方&下ごしらえ

バーベキューで野菜を準備される方が多いと思いますが、野菜には

「火の通りやすいもの」

「火の通りにくいもの」

があります。

 

それぞれ事前に切ったり、下茹でしたりすることでバーベキューでも焼きやすく、食べやすくなりますよ。バーベキューでなかなか食材が焼けないと、待つばかりで雰囲気が悪くなってしまうことも…。

おいしく早く焼けるように下ごしらえしておくことは必要ですよ!

前日や当日の朝に下準備をしてから行く方が、持っていく道具も少なくなり、バーベキュー場に着いてからもスムーズに焼き始めることができますよ!

 

「火の通りにくい野菜」下ごしらえのポイント

・火が通りやすいように薄めにスライスする(5㎜〜1㎝程度)

・茹でたり電子レンジである程度やわらかくしておく

【火の通りにくい野菜】

・じゃがいも
・さつまいも
・にんじん
・かぼちゃ
・とうもろこし

 

じゃがいも・さつまいも・じゃがいも


画像引用:キッコーマン

皮をむき、大きめの輪切りにスライスする(厚さ5㎜〜1㎝くらい)

電子レンジでかために加熱するか、

鍋でかために茹でる。
あらかじめ加熱しておかないと焼けるまで時間がかかり、食べた時の触感もかたいです。

 

かぼちゃ

画像引用:http://www.kikkoman.co.jp/homecook/basic/vege_cut/scraps.html

皮つきのまままずは半分にカット。
種やわたを取り除き5㎜~1㎝程の厚さに切る。

電子レンジで加熱するか、鍋でかために茹でる。

生のまま切るとかたいので、種やわたを取り除いてから先に電子レンジなどで加熱してから薄く切っても良いです。

 

とうもろこし


画像引用:オレンジページ

1本を大きめに4等分くらいにブツ切りにします。
好みでさらに半分に切っても良いですよ。

下ゆでは鍋でお湯を沸かしてゆでるのがおすすめです。

 



バーベキューで火の通りやすい野菜の切り方&下ごしらえ

バーベキューで使用する野菜で火の通りやすいものは、事前に切っておくだけでOKです。
比較的早く焼けるので、不要な皮や種を取り除いて食べやすい大きさにカットしておきましょう!

「火の通りやすい野菜」下ごしらえのポイント

・火が通りやすいので、食べやすい大きさに切るだけでOK

・不要な皮や種は事前に取り除いておきましょう

【火の通りやすい野菜】

・ピーマン
・キャベツ
・たまねぎ
・ズッキーニ
・なす
・しいたけ
・エリンギ など

 

ピーマン


画像引用:http://健康・美容・恋愛・料理.xyz/?p=3005

ヘタを切り落とし、縦半分に切ります。
種を取り出します。
好みによっては、もう半分切っても良い。

 

キャベツ


画像引用:キッコーマン

食べやすい大きさにざく切りする。
芯の部分はかたいので取り除いておいても良いです。
焼きやすいようにバラバラにしておきましょう。

 

玉ねぎ


画像引用:http://yaplog.jp/navi_cooking/archive/23

皮をむき、輪切りにします。(1㎝幅くらい)
大きくて食べづらい場合は、もう半分切っても良いですよ。
その場合は、バラバラになってしまうのでつまようじを刺しておくと良いですよ。

 

 

 

なす・ズッキーニ


画像引用:http://petomorrow.jp/gohan_dog/42948

ヘタを切り落とし、1㎝ほどの輪切りにします。
なすは灰汁があり茶色に変色するので10分ほど水に浸すとよいですよ。

 

しいたけ


画像引用:https://www.timesclub.jp/sp/tanomachi_ex/chiba/sakura/002.html

かたい石づきの部分は切り落としましょう。
丸のままでもOK!
大きいければ半分に切るとよいですよ。

 

エリンギ


画像引用:https://macaro-ni.jp/40505

石づきがかたければ切り落としましょう。
縦に5㎜~1㎝程でスライスします。

 



バーベキュー用に切った野菜はどうやって持って行く?

家では野菜を冷蔵庫に保管しましょう

前日や当日の朝に野菜を切ったり、下ゆでしたしすると思います。
野菜は腐ったりすることはないと思いますが、常温においておくと傷みやすくなります。

下ごしらえしたものは、タッパーや袋などにいれて出発までは冷蔵庫で保存するようにしてください。

【保存ポイント】

・葉物など切っただけの野菜は、濡らしたキッチンペーパーなどに包んでおくと水分が逃げずにみずみずしさを保つことができますよ。

・下ゆでした野菜はそのままタッパーや袋にいれてOK
(傷みやすくなるので、しっかり冷めてから冷蔵庫にいれてください)

 

捨てられるものに入れて野菜を持っていこう

バーベキュー用に切ったり、下ゆでした野菜を持っていく時には、捨てられるものに入れていくのがおすすめですよ!


画像引用:https://www.kewpie.co.jp/yasai/piment/hozon.html

 

捨てられるものとは、
・ジップロック
・ビニール袋

などが良いと思います。

 

タッパーなどは食材がきれいに入れられ保管には適していますが、バーベキューに持っていくと捨てられないので、持ってからないといけないですよ。

できるだけ身軽に帰りたいなら捨てられるものに入れて持っていきましょう!

 

保冷した野菜をバーベキュー場に持っていこう

出発まで冷蔵庫で保管しておいた野菜は、できるだけ冷たい状態で保冷バッグなどに入れて持っていくのがおすすめです。

1時間以上離れたバーベキュー場に行くのであれば保冷バックはあった方が鮮度を保てると思いますよ。

近所でバーベキューをするのであれば、袋などに入れて持っていってもよいと思います。保冷剤を入れるだけでも鮮度を保つことが出来るので、家にたくさんあるなら入れていきましょう。

 

まとめ

野菜の下ごしらえをしておくことで、焼き時間が短縮されてバーベキューで待つ時間が少なくなり参加される方も喜ばれますよ!

切り方や下ごしらえ方法は基本的なことばかりで簡単ですので、ぜひ前日などに行っておいてください。

 

関連記事

バーベキューの持ち物リスト!あれば便利なものや食材&調味料もご紹介!

バーベキューの基本のおすすめ食材は?面白い変わり種もご紹介!



-ライフスタイル
-

Copyright© 色とりどり , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.